シェムガンの葉っぱのお皿・ブータンの暮らしの知恵

2012年3月のアルバムから。

ブータン南部のシェムガン、ティンティビから少し入った村を訪問。竹わっぱの作り方を見せてもらいつつ、山菜料理をいただきました。とっても便利な葉っぱのお皿。この植物、何でしょう?

今なら、この葉っぱ、生えているところの姿を絶対見せてもらうのになぁ・・・、気になります。

お皿

葉っぱのお皿の作り方。まず後ろ向きにします。

お皿

端をこんなふうに折って舟型にします。折ったところは細い竹の棒などを刺して留めます。

お皿

美しい立派なお皿の出来上がり!
赤米のご飯、とうもろこし入りご飯、干した豚肉、油で揚げたゆで卵、左端はなんだろう・・・・。

ヤマイモ

シェムガン名物のヤマイモ。野生の芋を掘るのは重労働です。食料が豊富になった今も、この味が忘れられなくて時々掘って食べるそうです。右はダッタンソバのパンケーキ。

竹

この家の主です。物置には大小様々な竹がおいてありました。

シェムガンの村

このおうちにお邪魔しました。昔ながらの暮らしがブータン南部にはまだ残っていました。