ヤクランドのオリジナル資料

染織の旅のための調査や旅の中で調べたことをまとめた資料です。

<お申込方法>
  1. お名前、ご住所、お電話番号、ご注文の資料名と冊数を「お問合せフォーム」よりお送りください。
  2. 在庫と合計金額をお知らせいたしますので、郵便振替口座よりお振込ください。
    郵便振替口座番号 00180-1-34030 加入者名 ヤクランド
  3. ご入金から一週間程度で発送させていただきます。

ブータンの染織紹介~旅で出会った布と人~

ブータン染織紹介

Textiles of Bhutan 48 pages all in colour ( sorry only in Japanese language)
A4サイズ、全カラー 48ページ 1600円(+送料200円)(ヤクランド会員は送料無料)

訪ね歩いたブータン各地の村と布をご紹介しています。サンプル布が2枚(経浮織、片面縫取織り)がついています。サンプル布は少しずつ違いますのでご了承ください。

主な内容

民族衣装「キラ」と「ゴ」/織機「タシン」/クルテ地方の片面縫取織り/両面縫取織り・緯浮織り/ラディ地方のブラ(紬)織物/ブムタン地方の「ヤタ」と「マタ」/遊牧民の布 ヤク・羊/村の織物・イラクサ織り/綿花栽培が残るトンサ村/カード織り/刺繍・パッチワーク/少数民族の衣装/タンマチュ村の貫頭衣/伝統の染色

 


 
ブータン+北東インドアルナーチャルプラデシュ州
染織と竹細工の旅報告書2019年版

染織の旅報告書2019

Textile & Bamboo crafts Tour Report 2019 70 pages all in  colour ( sorry only in Japanese language)
A4サイズ 全カラー70ページ 700円(+送料200円)(ヤクランド会員は送料無料)

ブータン名物バンチュン(丸い竹のお弁当箱)の産地カンパラの農家でその製作過程を見学し、なるべく詳しく記録しました。ブータンの東国境の向こう側北東インド・アルナーチャル・プラデシュの旅はヤクランドでは初めてでした。

主な内容

ブータン・パロ・ツェチュ祭と春の花ハイキング/アルナーチャルプラデシュ州(北東インド)探訪/ブータン・手織物・暮らし・青いケシの旅/東ブータン竹細工と染織の旅/東ブータン伝統染織+発酵食文化/寄稿「片面縫取織を織る」(手織工房SOX)

*こちらもご覧ください。

 


 

ブータン+チベット、アッサム
染織の旅報告書2018年版

染織の旅報告書2018年版
Textile Tour Report 2018 70 pages all colour ( sorry only in Japanese language)
A4サイズ 全カラー70ページ 700円(+送料200円)(ヤクランド会員は送料無料)

奥地の中のさらに奥地のゲンパカップ村にブータンで最高レベルの織りを見に行きました。村や個人の家の訪問ができないチベットでも様々な出会いと発見がありました。ブータンのラックカイガラムシの養殖、染色方法についてまとめました。

主な内容

東ブータン織物の村々を訪ねる旅/サクテン(ブータン山岳少数民族)/ブータン・染織・暮らし・青いケシ/チベット染織の旅/東ブータン染織と発酵食文化の旅/ブータンのラックのまとめ

こちらもご覧ください。

 


 

ブータン+北東インド・アッサム、ナガランド州
染織の旅報告書2017年版

染織の旅報告書2017年版
Textile Tour Report 2017 74 pages all colour ( sorry only in Japanese language)
A4サイズ 全カラー74ページ 900円(+送料200円)(ヤクランド会員は送料無料)

2017年はブータンの中でも独特の文化を持つ山岳民族ブロクパ族(サクテン)とラヤ族(ラヤ)を訪問。ブータンと接する北東インドアッサムや訪れる人が少ないナガランドは訪れる人も少なく印象的な旅となりました。

主な内容

北東インド・ナガランドへ/サクテン(ブータン山岳民族)/ブータン・染織・暮らし・青いケシ/ブータン山岳民族ラヤ族の村へ/北東インドアッサム州・エリ蚕・ムガ蚕&家蚕/聖地ブムタンの秋祭り

* こちらもご覧ください。

 


 

ブータン+インドアッサムメガラヤ州
染織の旅報告書2016年版

染織の旅報告書2016年版
Textile Tour Report 2016 40 pages all colour ( sorry only in Japanese language)
A4サイズ 全カラー40ページ 700円(+送料200円)(ヤクランド会員は送料無料)

2016年の染織の旅の報告書です。かつては広い地域で行われていた綿花栽培、ほとんど消え去った今も綿を育て、紡ぎ、染め、織っているペマガッツェル村に3泊。その見学記録を中心に、経由地のインド・アッサム、メガラヤ州の村でのエリ蚕の飼育、そしてブータン東部山岳民族ブロクパ族の衣装等、詳しく掲載しています。

 


ヒマラヤ大自然の恵み
ブータン王国の伝統染色と天然染料 
(※ただ今改定作業中です)

ラック、アカネ、ウコン、藍などの伝統染料とその染め方をカラー写真で掲載しています。

 

お問い合わせ