お知らせ・イベント/news & event」カテゴリーアーカイブ

テゴラ地図

ブータン・ワインレッドの青いケシの旅「歩けるところまで歩く」を目標に

新型コロナ騒ぎは落ち着く・・と信じて旅の企画を着々と進めています。

7月中旬(15日頃から8日間)のブータン・テゴラ峠のワインレッドの青いケシの旅もだんだん形が見えてきました。

「行きたい!」と手を上げてくださった方の半分くらいの方が、「でも体力が心配」とおっしゃるので(実は私自身も・・)、今度のツアーは「歩けるところまで歩く」を目標にしたいと思います。

花の観察日は3箇所(3日間)あります。

その1.チェレラ峠
車でパロからチェレラ峠(約3750m)を越えてハへ移動しながら道路沿いの花を楽しみます。この日1日だけでもきっと大満足です。ブータン固有種の青いケシ(Meconopsis elongata)はやや遅めですが毎年見られています。ゆるやかな尾根を1時間(花を見ていると2時間くらい?)歩きますので、高度順応もできます。
チェレラ峠の花 チェレラ峠フウロソウ チェレラ峠尾根歩き チェレラ峠サクラソウ チェレラ峠シャクナゲ チェレラ峠青いケシ

その2テゴラ峠のワインレッドの青いケシ

テゴライメージ
ハのホテルから2時間、テゴラ峠(約3750m)で車を降りて片道約1時間歩いてワインレッドの青いケシ(Meconopsis wallichii var.fuscopurpurea)を見に行きます。
トレッキングシューズやレインコート、使い慣れている方はストックなどもご用意ください。ところどころアップダウンがありますが、今までのツアーではみなさん問題なく歩けました。
でも、歩き始めてみて「もうダメ!」と思ったら、バスに戻って待っていることもできます。
テゴラ峠晴れ テゴラ峠雨 メコノプシスマニクラタ テゴラ峠ワリキー メコノプシスワリキー

その3.テゴラ峠のサクラソウ/レウムノビレ
ニョキニョキと1mも伸びる温室植物レウムノビレまでは、ややハードな道(・・・といいますか、最後は道もない・・)です。花を見たり休憩しながら歩いて到着まで3時間近くかかります。この植物を絶対見たい!という方はぜひチャレンジしてください。

この日はもう諦めて、のんびりホテルでお休みいただいてもよいのですが、もし「少しなら歩ける」方は、途中の牛飼い小屋まで行きませんか?(たぶん1時間くらい)森林限界を超えた「高山植物らしい」世界を楽しめます。サクラソウ、可愛いです!
テゴラ峠歩き始め 牛小屋
レウムノビレプリムリナ
ウメバチソウ
テゴラの花

ブータン+アルナーチャル 染織と竹細工の旅報告書2019年版、完成!

カラー70ページ 1部 700円

2019年も外国人があまり行かない地域に旅をして、素晴らしい出会いがいっぱいありました。知恵がいっぱいつまった手仕事、人々の暮らしをなるべく詳しく書き残しておこうと、旅の報告書を作りました。

また、今回は機織りファン待望の「ブータンの片面縫取織り」のテキストを手織工房SOXの工藤いづみさんが寄稿してくださいました!

報告書は1部700円(+送料)でお分けしております。2020年2月末までは送料無料です。

メールでお申込(お名前、ご住所、お電話番号、部数)の上、郵便振替にてご送金ください。
ご送金後1週間程度でお送りさせていただきます。

郵便振替口座番号 00180-1-34030 加入者名 ヤクランド

*動画もたくさん撮影してきました。機会があれば、手弁当でお話会の出張もいたしますので声をかけてください。


パロ・ツェチュ祭り

織りの産地ではないけれど、「民族衣装」を見るならパロ・ツェチュは最高!きらびやかな手織の衣装と鮮やかな色彩に囲まれて目眩がしそう。シアワセ~~。

アルナーチャル染織の旅

ブータンの国境の向こう側に、ブータンの山岳民族と同じ(でも、よく見ると違う)衣装を着た人たちを訪ねました。

アルナーチャル染織の旅

雪の峠を越えてたどりついたタワンの町の美しかったこと!

アッサムアルナーチャル染織の旅

ほんとうに偶然なんですが、途中のアッサムはお正月でした。ごくごく質素な村で子供たちがお人形のように可愛い衣装を着て集まって踊っていました。お祭りって本当はこういうものですよね!

チェレラ峠の青いケシの旅

お花が大好きなので6月のブータンではお花三昧の1日も。青いケシも見られましたよ!

ブータン竹細工の旅

ず~~~~っと行きたかった竹細工の村に行ってきました!農家に3泊。竹ヒゴ作りから仕上げまで見せていただき、感激、感激。そのご家族がまたスバラシイ人たちで、思い出すだけでウルウルします。堀江晶子さんが、鳥越と比較しながら詳しい報告をまとめてくださいました。

なるべく、詳しく、詳しく、記録しました。リンシュウという細くてしなやかな竹ならではの丸い形のお弁当箱なのね、とあらためて思いました。

ブータン竹細工の旅道具も自分たちで作ってしまいます。砂川康子さんが記録してくださいました。

ブータン竹細工の旅
ブータンの男性の衣装の裁ち方を見学し、衣装や資料を駆使して杉山美和さんが裁断図を作成してくださいました。腰機で織る布だからこその工夫された裁断方法に、ここにも知恵がいっぱい!と感動です。
東ブータン染織の旅
東ブータンの村の子供たち。制服は機械織りですが民族衣装です。そしてみんな、手織のカード織りの帯をしているんです。時代とともにブータンの染織はたしかに減ってきていますが、やっぱり染織の国の底力だなぁ、と唸りました。
東ブータン染織の旅
毎年行っているラディ地方は野蚕の糸で織るブラ織物の産地。ずっと、ずっと疑問だった、ハイノキの仲間の葉で本当に媒染剤になるのだろうか? を、試験紙で確認!アルミニウムがバッチリ検出されました。ブータンの人は知っていたんですねぇ。凄いです。
ブータン片面縫取織り
手織工房SOXの工藤いづみさんの片面縫取織りテキストです。織ってみませんか?

ブータン片面縫取織り模様の入れ方の図解入り。織ってみたい方は手織工房SOXで講習会もあります。

*過去の報告書はこちらをご覧ください。

 

 

ブータン・ワインレッドの青いケシの旅 企画中です!2020年7月

ブータン・テゴラ峠にワインレッドの青いケシを見に行きませんか?

そろそろまた夢のような高山植物が懐かしい・・一種の禁断症状・・
そんなとき、ブータンの青いケシの旅はありませんか?というお問い合わせをいただきました。

そんなとき、ブータンから、ワインレッドの青いケシが見られるテゴラ峠まで、舗装道路ができた、と知らせがきました。

今までは、峠まで行ってキャンプ。そこからハイキングでしたが、(キャンプもとっても楽しいのですが)これからは、雨の中を歩いても、さっぱりしたホテルの部屋でゆっくり寝られます。お風呂にも入れるし。調子が悪ければ、ホテルで休憩していてもいいし。

参加してくださる方いらっしゃるかなぁ~~~と、自信のないままブログでお誘いしていましたら、思いがけず2月26日現在で6名の方が手を上げて下さいました。
今チラシを作っています。もう少しで具体的な具体的なご提案ができますので、どうぞお楽しみに!

 

1/24(金)1/25(土)ブータンの「輪状整経」と「片面縫取織り」の会|ブータン+グァテマラ 旅と織りの会

「ブータン+グァテマラ 旅と織りの会」(1/21-1/25)の最後の2日間は、手織工房SOX工藤いづみさんによるブータンの輪状整経と片面縫取織りの実演・解説です。

工藤さんがブータンまで行き、さらにブータンから織り名人を日本に招聘して学んだ技術を多くの方に伝えていこうとテキスト作りに取り組み始められたそうです。その一歩として「輪状整経」と「片面縫取織り」に絞った記事を「ブータン染織・竹細工の旅報告書2019年版」に寄稿してくださいました。その報告書をテキストとして使います。
また、ヤクランドの久保がブータンで撮影してきた、ブータンのさまざまな地方や織り手による整経と織りの動画をご覧いただきます。
数年後にまたブータンの織り名人を日本に招待したい、そのときに私たちがブータン人のすごさを少しでも理解できるように・・という願いを込めて。

*時間:1:00pm~3:30pm(両日とも同じ時間・内容)
*参加費2,000円(テキスト付) 定員各12名
*お申込:ヤクランドへお申込ください
*会の間は会場をクローズします。展示は11:00~1:00、3:30~5:00にご自由にご覧ください。
場所:Café Galleryファルマ 埼玉県所沢市泉町914-17 千雅堂1F


片面縫取織りの最も難しい技術を使って織り上げられたブータンの民族衣装
横から見ると三角形のブータンの腰機。
輪状整経。中央の太い棒の部分で糸ソウコウを取りながら整経する。(当日はブータンから持ち帰った整経台を使って実演します)

1/22(水)1/23(木)東ブータン+20年前のグァテマラ 染織の旅のお話会|ブータン+グァテマラ 旅と織りの会

「ブータン+グァテマラ 旅と織りの会」(1/21-1/25)の2日目と3日目は
東ブータン+20年前のグァテマラ の染織の旅のお話会です。

9月の東ブータンの旅はいつもよりハードな旅でしたが、「全然壁、楽しい」と余裕の大嶋夕子さん(あかね工房)は、20年ほど前に紛争下のグァテマラに何度も通った経験の持ち主でした。電気も水もない・・「シャワーはどうしたんですか?」「スコールが来たらTシャツのまま外に出るの。スコールが上がれば着たままでTシャツも乾いてしまうのよ」と、いつもの笑顔で語ってくださいました。当時は若い人もみんな手織の民族衣装を着ていたこと。貧しい村の人が自分が着ていたウィピルを脱いで買ってくれ、と言ってきたこと。(そのウィピルは丁寧に保管されてとてもよい状態です。数点展示してくださいますのでお楽しみに!)
大嶋さんも参加してくださった東ブータンの旅から、藍染めや泥染め、綿紡ぎ、野蚕の織物などの報告と、大嶋さんの20年前のグァテマラの旅のお話をしていただきます。ぜひお出かけください。

日 時:2020年1月22日(水)1月23日(木) 両日とも  午後1時~3時30分
定 員:各15名さま(ヤクランドにご予約ください)
参加費:1,500円
*会の間は会場をクローズします。展示は11:00~1:00、3:30~5:00にご自由にご覧ください。
場所:Café Galleryファルマ
場所:埼玉県所沢市泉町914-17 千雅堂1F


「ブラ」と呼ばれる野蚕の織物は東部ブータン・ラディ地方の特産品。アカネやラック、藍などの天然染料と化学染料を両方使い好みの色に糸を染めて織る。(ブータン)

綿糸はインドから安く買えるようになりブータン国内ではほとんど生産されなくなった。その中でトンサ村はまだ綿花栽培を続ける貴重な村(ブータン)

リュウキュウアイの生葉を発酵させて綿糸を染める。仕上げの一手間が面白い(詳しくは当日・・)(ブータン)

大嶋さんのコレクション。20年前は子供が茶綿を紡ぎながら歩いていた。(このスピンドルは展示はしませんがお話会の時に見せていただく予定です)
大嶋さんの写真。民族衣装を着た女性の後ろ姿。兵士の姿が痛々しい情勢を語っている。

1/21(火)旅の報告と旅行説明会|ブータン+グァテマラ旅と織りの会

「ブータン+グァテマラ 旅と織りの会」(1/21-1/25)の初日は、
2019年の(染織に偏らない)旅のお話・・・東ブータンの竹細工の村訪問、
毎年恒例の「手織物・暮らし・青いケシ」の旅、そして秋のチベットの旅を中心に
写真でご報告します。また、ホテルや食事など、気になる旅行事情のご説明もします。
ご予約の上お気軽にお越しください。

【A】11:20am~00:50pm
【B】2:20pm~3:50pm   (A、B どちらも同じ内容です)
定員各15名さま(ヤクランドにご予約ください)、参加費:無料
*11:00am~5:00pmの間(説明会中も)ブータンやグァテマラの布などの展示はご自由にご覧ください。
*月季さんの美味しいカレーランチあります(1,100円・16食限定・要予約)
場所:Café Galleryファルマ埼玉県所沢市泉町914-17 千雅堂1F


竹の弁当箱(バンチュン)の品定め。カンパラ村のバンチュンはとびきり美しい!(カンパラ・東ブータン)


農家に泊まってバンチュン作りを見学。本当に凄い、心から感動と尊敬。
とても温かい家族と過ごせて忘れられない旅になりました(カンパラ・東ブータン)
村の人がとびっきりのご馳走を作って歓迎してくれました。(ウーリン村・東ブータン)
スクールバスを待つ小学生。みんないい笑顔。(ウーリン村・東ブータン)
バスを降りて尾根を少し歩き、2種類の青いケシを見ました。他にもお花いっぱい。花好きにはたまらない6月のブータン。(チェレラ峠・ブータン)

赤ちゃんをおんぶしてお寺参り。穏やかブータンの暮らしにふれるには、観光地を離れた「ハ」はとてもいいところです!(ハ・ブータン)
なんといっても圧巻のポタラ宮殿(チベット)
ポタラ宮殿から見たラサの町。大都会になりました。
ラサ郊外。秋の日差しが少し寂しげなヤクの高原(チベット)
おいし~~~いヤクのヨーグルトをガイドさんが遊牧民から取り寄せてくれました!(チベット)

次回ティータイム(6/29)は「ブータンの土の家」

ティータイムでブータンの建築についてお話してくださる方をずっと探していましたが、このたび素晴らしいご縁をいただきブータンの民家の調査をされた佐藤桂さん(文化財保存計画協会特任研究員)に講演していただけることになりました。
↓↓
http://yakland.jp/?page_id=2285

打合せで佐藤さんと初めてお会いし、ブータンの家の造り方、とくに「版築」という土を突き固めて壁を造るお話をお聞きしながら、補強するための知恵、古い家と今の家を比べると突き固める度合いが違うこと、その理由など、とても興味深く夢中になってしまいました。
土を突き固めるのは女性たち、と言われると、なるほど今まで撮った写真はみんな女性が働いています。女性たちが壁を造りながら歌っている動画も見せてくださるそうです。
建築の知識がなくても「なるほど~」と感動ポイント満載の佐藤さんのお話、ぜひぜひ沢山の方にお聞きいただきたいです。

前座では久保がブータン各地で撮影した家に関係する写真をご用意します。専門家の佐藤さんと一緒に全員で意見や感想を出し合えたら何か面白い発見があるかも知れない、とワクワクしています。
ヤクランドの旅では田舎に行ってふつうの家を訪問する機会が多いのですが、もし少しだけ「家を見る目」があったら、きっとブータンの旅がずっと豊かになるだろうな、と思っています。それに、ブータンの家のことに興味をもつことで、今まで意識していなかった私達の日本の家の素晴らしさに気づくことができたら、どんなに楽しいでしょう。

席に限りがありますのでどうぞお早めにお申込ください。

「野の花づくし」植物写真家 木原浩さんの世界

木原浩さんの 季節の植物図鑑 [春・夏編]「野の花づくし」(平凡社)が出版されました。
木原さんが40年にわたって撮影されてきた写真から選りすぐったという花たちは、
タンポポや蕗の薹などの身近なものから、見たことも聞いたこともないような植物まで。
どれもその植物たちが生きている環境も感じられる木原さんならではの写真。
1ページごとに、自分がその場所に行ってその植物を見ているような気持になってしまいます。
プロだから、そこには、技術も計算も全部あるはずなのにそういったものを一切感じさせない超普通さ。木原さんは一升瓶を抱えて笑っている羅漢様のようだなぁ・・。

「野の花づくし」写真:文=木原浩 平凡社 3,000円(税別)

 

5/17(金)・5/18(土)ブータン・ティータイム in 大阪

アットホームな古民家ギャラリーでブータン染織のお話会を開きます。
午前の会は、刺繍のような細やかな模様を織り込む片面縫取織りの産地、落ち着いた表情の野蚕の織物の村、もうとっくになくなってしまったと思われていた綿栽培を今でも続ける村など、東部ブータンならではの様々な織物とその産地をご紹介します。

午後野会は、「ブータンにもこんなところがあるの?」という山岳地帯の珍しい民族衣装を着た人々のお話です。ヤクや羊の毛を紡いで実用的な布を織り、おしゃれなヤクのフェルトの帽子を作る様子、そしてすぐ裏山がチベットやアルナーチャル・プラデシュ(インド)という面白い事情にも触れたいと思います。

染織品の展示(着方実演も)、片面縫取織りの実演、資料の販売もいたします。
ぜひお出かけください。

2019年5月17日(金)・18日(土)
10:30~17:00 (下記時間以外は自由に展示をご覧いただけます)

午前の会 11:00~13:00 
「東ブータンの織物産地」~“王家のために布を織る”ゲンパカップ村、綿栽培のトンサ村、野蚕織物のラディ地方~

午後の会:14:30~16:30
「ブータン山岳遊牧民族」~ヤクのフェルト帽子のブロクパ族、竹の帽子のラヤ族~

*1日目、2日目とも同じ内容です。
*各30分前から受付

定 員:15名様(先着順)
会 費:1500円 ブータンのハーブティー、お楽しみスイーツ付

場 所:Gallery & Space SIO 大阪市中央区南船場1丁目3-26

お申込:ヤクランドへお申込ください(①ご参加者全員のお名前、②ご連絡先 ③ご希望の日にち・午前か午後か)④特にご興味をお持ちの内容(もしあれば)

*残席情報などはホームページに掲載しております。
http://yakland.jp/?page_id=2533

チベットの青いケシと世界遺産 ポタラ宮殿を見に行きませんか?

今年(2019年)の夏、チベットの青いケシを見に行きたいというリクエストをいただきました。
ちょうど私も去年の夏のチベットの旅で見た、青いケシ(メコノプシス・ラサエンシス)の清らかな空のような青い色に魅せられて、チベットの青いケシや花をゆっくり楽しむ旅をしたいなぁと思っていたところでした。

ガイドのハンさんによれば、時期的に終わっている可能性のある花も含めると8種類の青いケシが見られる可能性があるそうです。カンタンに見られる青いケシもあるし、中にはハンさん自身が見つけた貴重種もあり、今年も咲いていてくれたらラッキーですね。青いケシを語り出したら止まらないほど青いケシが好きなハンさんがガイドです。乞ご期待!

ところで、チベットというと、なんとなく怖いと思っている方がいらっしゃいますが、観光旅行はとても安全で快適です。高山病にならないために、今年の旅は有名なラサではなく、青いケシの咲く東チベットの林芝(3000m)から入ることにしました。

青いケシを見て短い日程で帰ることも考えましたが、悩んだ末、やっぱりチベットに行くからにはラサにも行き、世界遺産ポタラ宮殿も日程に入れました。チベット仏教の聖地中の聖地ジョカン寺もご案内します。とにかく圧倒的な仏教の歴史を感じられると思います。

この旅は少人数でも必ず行きたい、と私自身とても楽しみにしています。
私達はいつもゆったりスローな仲間なので、体力がちょっと心配、くらいな方でもちょうどよいかも知れません。一緒に行きませんか?ご連絡お待ちしています。
旅の詳細 ↓↓
http://yakland.jp/?page_id=2297

メコノプシス・プライニアナ

ヤナギラン

ポタラ宮殿