【ウズベキスタン】青のモスクとふつうの暮らし・企画予定

レギスタン

海外旅行再開したらすぐに詳細日程発表します。
旅行シーズンは春と秋です。

目的地は首都のタシケント、カムチック峠を越えていくフェルガナ盆地(絣の織物工房、日本語を学ぶかわいい子どもたち、繊細な絵柄の陶器工房src.)、何といっても青のモスクで有名な古都サマルカンド。果物が並ぶ市場も楽しみ。

そして、ガイドが見つけてくれたとても良い場所がウルグット。サマルカンドから車で30分ほどですが、遠くに雪山も見えるウズベキスタンの地方の村。1日だけは観光地から離れて、素朴な民家を訪れて親切なウズベキスタンの家族と家庭料理をいただいたり、ふつうの暮らしを見せていただきましょう。

コロナ前に作ったツアー(延期になりました)は少し忙しかったので、じっくり見直して「名所も見てふつうのウズベキスタンの姿も見る」ほどよいツアーができそうです。どうぞお楽しみに。

 

 

地図