片面縫取織り」タグアーカイブ

ブータン+アルナーチャル 染織と竹細工の旅報告書2019年版、完成!

カラー70ページ 1部 700円

2019年も外国人があまり行かない地域に旅をして、素晴らしい出会いがいっぱいありました。知恵がいっぱいつまった手仕事、人々の暮らしをなるべく詳しく書き残しておこうと、旅の報告書を作りました。

また、今回は機織りファン待望の「ブータンの片面縫取織り」のテキストを手織工房SOXの工藤いづみさんが寄稿してくださいました!

報告書は1部700円(+送料)でお分けしております。2020年2月末までは送料無料です。

メールでお申込(お名前、ご住所、お電話番号、部数)の上、郵便振替にてご送金ください。
ご送金後1週間程度でお送りさせていただきます。

郵便振替口座番号 00180-1-34030 加入者名 ヤクランド

*動画もたくさん撮影してきました。機会があれば、手弁当でお話会の出張もいたしますので声をかけてください。


パロ・ツェチュ祭り

織りの産地ではないけれど、「民族衣装」を見るならパロ・ツェチュは最高!きらびやかな手織の衣装と鮮やかな色彩に囲まれて目眩がしそう。シアワセ~~。

アルナーチャル染織の旅

ブータンの国境の向こう側に、ブータンの山岳民族と同じ(でも、よく見ると違う)衣装を着た人たちを訪ねました。

アルナーチャル染織の旅

雪の峠を越えてたどりついたタワンの町の美しかったこと!

アッサムアルナーチャル染織の旅

ほんとうに偶然なんですが、途中のアッサムはお正月でした。ごくごく質素な村で子供たちがお人形のように可愛い衣装を着て集まって踊っていました。お祭りって本当はこういうものですよね!

チェレラ峠の青いケシの旅

お花が大好きなので6月のブータンではお花三昧の1日も。青いケシも見られましたよ!

ブータン竹細工の旅

ず~~~~っと行きたかった竹細工の村に行ってきました!農家に3泊。竹ヒゴ作りから仕上げまで見せていただき、感激、感激。そのご家族がまたスバラシイ人たちで、思い出すだけでウルウルします。堀江晶子さんが、鳥越と比較しながら詳しい報告をまとめてくださいました。

なるべく、詳しく、詳しく、記録しました。リンシュウという細くてしなやかな竹ならではの丸い形のお弁当箱なのね、とあらためて思いました。

ブータン竹細工の旅道具も自分たちで作ってしまいます。砂川康子さんが記録してくださいました。

ブータン竹細工の旅
ブータンの男性の衣装の裁ち方を見学し、衣装や資料を駆使して杉山美和さんが裁断図を作成してくださいました。腰機で織る布だからこその工夫された裁断方法に、ここにも知恵がいっぱい!と感動です。
東ブータン染織の旅
東ブータンの村の子供たち。制服は機械織りですが民族衣装です。そしてみんな、手織のカード織りの帯をしているんです。時代とともにブータンの染織はたしかに減ってきていますが、やっぱり染織の国の底力だなぁ、と唸りました。
東ブータン染織の旅
毎年行っているラディ地方は野蚕の糸で織るブラ織物の産地。ずっと、ずっと疑問だった、ハイノキの仲間の葉で本当に媒染剤になるのだろうか? を、試験紙で確認!アルミニウムがバッチリ検出されました。ブータンの人は知っていたんですねぇ。凄いです。
ブータン片面縫取織り
手織工房SOXの工藤いづみさんの片面縫取織りテキストです。織ってみませんか?

ブータン片面縫取織り模様の入れ方の図解入り。織ってみたい方は手織工房SOXで講習会もあります。

*過去の報告書はこちらをご覧ください。

 

 

1/24(金)1/25(土)ブータンの「輪状整経」と「片面縫取織り」の会|ブータン+グァテマラ 旅と織りの会

「ブータン+グァテマラ 旅と織りの会」(1/21-1/25)の最後の2日間は、手織工房SOX工藤いづみさんによるブータンの輪状整経と片面縫取織りの実演・解説です。

工藤さんがブータンまで行き、さらにブータンから織り名人を日本に招聘して学んだ技術を多くの方に伝えていこうとテキスト作りに取り組み始められたそうです。その一歩として「輪状整経」と「片面縫取織り」に絞った記事を「ブータン染織・竹細工の旅報告書2019年版」に寄稿してくださいました。その報告書をテキストとして使います。
また、ヤクランドの久保がブータンで撮影してきた、ブータンのさまざまな地方や織り手による整経と織りの動画をご覧いただきます。
数年後にまたブータンの織り名人を日本に招待したい、そのときに私たちがブータン人のすごさを少しでも理解できるように・・という願いを込めて。

*時間:1:00pm~3:30pm(両日とも同じ時間・内容)
*参加費2,000円(テキスト付) 定員各12名
*お申込:ヤクランドへお申込ください
*会の間は会場をクローズします。展示は11:00~1:00、3:30~5:00にご自由にご覧ください。
場所:Café Galleryファルマ 埼玉県所沢市泉町914-17 千雅堂1F


片面縫取織りの最も難しい技術を使って織り上げられたブータンの民族衣装
横から見ると三角形のブータンの腰機。
輪状整経。中央の太い棒の部分で糸ソウコウを取りながら整経する。(当日はブータンから持ち帰った整経台を使って実演します)

ブータンの織り、練習中~やってみたら難しい!! Weaving challange

ータンの織りはもう何年も見ているのですが
自分にはできない、と思っていたんです。
でも、去年の3月の旅でゲンパカップ村に行ったときに
小学2年生の織った布を見て、心を入れ替えて、難しく考えずに織ってみよう!と思ったわけです。

After seeing a textile woven by class 2 girl in the remote village in Bhutan, I decided to practice Bhutanese weaving by myself. Now I picked up a ” small and simple motif ” for my lesson but as I start weaving, I realized this motif requires a bit hard technique .

>>>東ブータンの旅のアルバム

名人のジャンベさんに途中まで織ってもらいました(上の写真)
続きを織るのが私の宿題です。
練習用の機で一番左側の「簡単そう」な模様を織ってみることにしました。

ところが、簡単そうに見えて、実はちょっと難易度の高い技が必要、と、後から気がつきました。

2本1組になっている経糸をすくって模様糸を入れていきます。
これは慣れればできる。

2本1組の経糸をすくって模様糸を入れ込む(通常のケース)

ところが、この方法、まっすぐ上にはいかないんです。
2本1組が、交互にずれているので。
で、どうするか、というと、2本と2本の間に隠れている糸を
下から無理矢理すくいあげるのです!

2本1組の糸がないときには(真上直線を描くとき)下に落ちている1本をすくってくる。

下に落ちている糸は見えにくいし、模様糸を入れるのもちょっと大変。
ふうふう言いながら、2日間で8つ同じ模様を織りました。
まだ慣れたとは言えないなぁ。

2日間かけて8個同じ模様を織りました

織りながら思ったことは、2年か3年後にジャンベさんに来日してもらうこと。
それまでに、それを目標に、たくさんの人に呼びかけてブータンの織りを練習して
ジャンベさんに1日特別レッスンしてもらうこと。
少しできるようになると、ブータン人の技のすごさがわかるから
きっとすごく感動すると思う。
そんなことが実現できないかなぁ・・・。

腰機の会 ご来場くださった皆様ありがとうございました

手織工房SOXの工藤いづみさん主催 「腰機の会Part1 」にヤクランドの久保もブータンのスライドトークでご一緒させていただきました。工藤さんのブータンの片面縫取織り実演と解説、久保のトーク、かなりの長時間、会場の関係でお茶もお出しできない中、大勢の皆様が最後まで食い入るようにご覧くださり、機織りが人を繋ぐ力に感動しました。ご来場くださいました皆様に感謝申し上げます。


私(久保)です。ブータンの衣装を着ています。
写真:植物の糸と染め織り工房 草縁 -souen-さんからお借りしました。
工藤さんがご自分の資料として集めたインドネシアの布。「とにかく布を見て欲しい」と惜しげなく展示されました。布の力ってスゴイ!

工藤さんのご主人によるオリジナル木工製品(機道具)。手抜きができないご主人なんです。使い心地は抜群です。手織工房SOXのホームページ

腰機を習いたい方、工藤さんの教室で教えてもらえます!

Part2はラオスがテーマだそうです。お楽しみに!

腰機の会 PART1 ~インドネシア・ブータンを訪ねて~

※修了しました

いよいよ近づいてきました。手織工房SOXの工藤さんと詳細を打合せしました。

「とにかく布を見て欲しい」と、工藤さんがインドネシア(主に小スンダ列島の島々)やブータンの布をいっぱい広げてくださるそうです!そしてブータン片面縫取織の実演をたっぷりと。

ヤクランドはナガランド(←聞いたことありますか?)とサクテン(←ブータンです)の写真と動画を。サクテンの腰機で織る綾織りの仕組みを一緒に解き明かしましょう!


 ↑動画をもう一度見るには 左下の丸い矢印をクリックしてください

【日時】2018年2月9日(金)~2月12日(月)
10:30~18:30(9日 14:00~、12日 ~16:00)
無料 (お話の会は椅子の準備のためご予約お願いします)

【会場】ギャラリー永谷2
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-1
吉祥寺永谷シティプラザ1F

【主催・問い合わせ】手織工房SOX TEL : 080-2093-6496(工藤)

【9日の予定】
14:00 OPEN
15:30~16:30 工藤さんのブータン片面縫取織り実演とインドネシアの布解説
18:30 CLOSE

【10日&11日の予定】
10:30 OPEN
11:00~12:00 工藤さんのブータン片面縫取織り実演
13:00~13:30 工藤さんのインドネシアの布解説
13:30~15:30 ヤクランド スライドトーク「ナガランド・サクテンの旅と腰機」
サクテンの腰機による綾織をみんなで考えよう!
15:30~16:30 工藤さんのブータン片面縫取織り実演
(午前と同じ内容です)
18:30 CLOSE

【12日の予定】
10:30 OPEN
11:00~12:00 工藤さんのブータン片面縫取織り実演
13:00~13:30 工藤さんのインドネシアの布解説
13:30~15:30 ヤクランド スライドトーク「ナガランド・サクテンの旅と腰機」
サクテンの腰機による綾織をみんなで考えよう!
16:00 CLOSE

 

レベル高過ぎ!ジャンベさんのサンプル模様

織り名人のジャンベさんが、片面縫取織り模様見本を織ってくださいました。

面を埋めるように入れる方法、片側から経糸を巻き込む方法、チェーンステッチのように見える糸の絡ませ方など、いろいろです。

ブータンの織りをちょっと練習した人が次の目標にできるといいな・・と思い、「なるべくシンプルに・・」とお願いしたのに、ジャンベさんのシンプルはレベル高過ぎ!この下にもう一段階必要かなぁ。でも細やかなところがやっぱり他の布と比べると断然違います。さすがです。(スピニングパーティーで1枚2400円で販売予定)

ここは手織工房SOXの工藤先生にがんばってブータンの織りをたくさんの方に教えてもらわなくちゃ。吉祥寺の教室では随時個人レッスンが可能で、今年は夏季講習の中でもブータン織りのカリキュラムも予定しているそうです。

続きを読む