バンチュン」タグアーカイブ

ブータン+アルナーチャル 染織と竹細工の旅報告書2019年版、完成!

カラー70ページ 1部 700円

2019年も外国人があまり行かない地域に旅をして、素晴らしい出会いがいっぱいありました。知恵がいっぱいつまった手仕事、人々の暮らしをなるべく詳しく書き残しておこうと、旅の報告書を作りました。

また、今回は機織りファン待望の「ブータンの片面縫取織り」のテキストを手織工房SOXの工藤いづみさんが寄稿してくださいました!

報告書は1部700円(+送料)でお分けしております。2020年2月末までは送料無料です。

メールでお申込(お名前、ご住所、お電話番号、部数)の上、郵便振替にてご送金ください。
ご送金後1週間程度でお送りさせていただきます。

郵便振替口座番号 00180-1-34030 加入者名 ヤクランド

*動画もたくさん撮影してきました。機会があれば、手弁当でお話会の出張もいたしますので声をかけてください。


パロ・ツェチュ祭り

織りの産地ではないけれど、「民族衣装」を見るならパロ・ツェチュは最高!きらびやかな手織の衣装と鮮やかな色彩に囲まれて目眩がしそう。シアワセ~~。

アルナーチャル染織の旅

ブータンの国境の向こう側に、ブータンの山岳民族と同じ(でも、よく見ると違う)衣装を着た人たちを訪ねました。

アルナーチャル染織の旅

雪の峠を越えてたどりついたタワンの町の美しかったこと!

アッサムアルナーチャル染織の旅

ほんとうに偶然なんですが、途中のアッサムはお正月でした。ごくごく質素な村で子供たちがお人形のように可愛い衣装を着て集まって踊っていました。お祭りって本当はこういうものですよね!

チェレラ峠の青いケシの旅

お花が大好きなので6月のブータンではお花三昧の1日も。青いケシも見られましたよ!

ブータン竹細工の旅

ず~~~~っと行きたかった竹細工の村に行ってきました!農家に3泊。竹ヒゴ作りから仕上げまで見せていただき、感激、感激。そのご家族がまたスバラシイ人たちで、思い出すだけでウルウルします。堀江晶子さんが、鳥越と比較しながら詳しい報告をまとめてくださいました。

なるべく、詳しく、詳しく、記録しました。リンシュウという細くてしなやかな竹ならではの丸い形のお弁当箱なのね、とあらためて思いました。

ブータン竹細工の旅道具も自分たちで作ってしまいます。砂川康子さんが記録してくださいました。

ブータン竹細工の旅
ブータンの男性の衣装の裁ち方を見学し、衣装や資料を駆使して杉山美和さんが裁断図を作成してくださいました。腰機で織る布だからこその工夫された裁断方法に、ここにも知恵がいっぱい!と感動です。
東ブータン染織の旅
東ブータンの村の子供たち。制服は機械織りですが民族衣装です。そしてみんな、手織のカード織りの帯をしているんです。時代とともにブータンの染織はたしかに減ってきていますが、やっぱり染織の国の底力だなぁ、と唸りました。
東ブータン染織の旅
毎年行っているラディ地方は野蚕の糸で織るブラ織物の産地。ずっと、ずっと疑問だった、ハイノキの仲間の葉で本当に媒染剤になるのだろうか? を、試験紙で確認!アルミニウムがバッチリ検出されました。ブータンの人は知っていたんですねぇ。凄いです。
ブータン片面縫取織り
手織工房SOXの工藤いづみさんの片面縫取織りテキストです。織ってみませんか?

ブータン片面縫取織り模様の入れ方の図解入り。織ってみたい方は手織工房SOXで講習会もあります。

*過去の報告書はこちらをご覧ください。

 

 

バンチュンを簡単そうに開けるマスター How to open Bangchung

今年(2019年)の夏、バンチュン(竹の弁当箱)作りを見に東ブータンのカンパラに行きました。名人の家に3泊し、農家の暮らし、ブータン人の人間力の高さ(何でも自分で作る!)、優しい家族の囲まれた幸せな旅でした。
記念にひとつバンチュンを譲っていただきました。でも固くて開かない~~~!
すると、マスターは「こうやって開けるんだよ」とにっこり余裕。
その動画です。
Our trip to Kampara, Eastern Bhutan 2019 summer was to see the bamboo craft ” Bangchung”. 3 nights 4 days with kind and warm family in a small village was much happier than staying any luxurious hotel . Amazingly all the family members are talented in not only bamboo netting but they can make almost all the necessities of their life.
This is our master showing us how to open the bangchung which we could not open at most our hand power.

差し上げます バンチュン製作資料 Bangchung making samples

 *修了しました。

バンチュン、どうやってあの丸みを作のだろう?と疑問に思い、2012年にシェムガンのジョカ村に行きました。そのときに持ち帰った資料2点、どなたか引き取っていただけませんか?在庫確認のメールをください。その後、お送りしますので、到着後、送料分のみお振込ください。

I would be happy if anyone receive this samples of bangchung production with free of charge. Please contact to me.

後ろ側から見たところ

私が行ったときは、まだ道路ができていなくて片道3日間の道のりを強行軍で2日で歩いて行きました。今はパンバンから道路が開通しています。ダショー西岡の活躍したシェムガンとバンチュン作り、マナス国立公園の野生動物巡りのようなツアー、興味のある方がおられましたら、そんなツアーも作りたいです。I went to Bjokha village in 2012 by walking for three days duration in two days to see how to make bangchung. It was so much fun to enjoy local new year with village people. I would like to organize a special tour to Bjokha ( now we can drive ) and Manas, Panbang if I ever have a chance.

ジョカで撮影した写真です。 Pictures I took in Bjokha village in 2012.

バンチュンに使う竹

色なし(内側)と色つき(外側)のシートを2枚編んで重ねる

水で濡らして柔らかくして作業する

赤く染めた”籐”でふちを綺麗にかがる