Textile」タグアーカイブ

高地に暮らす人々の毛織物 8月3日から 岩立フォークテキスタイルミュージアム

岩立フォークテキスタイルミュージアム
第12回展 高地に暮らす人々の毛織物ー中国(イ族)、チベット、ブータン、インド北部
2017年8月3日ー11月11日

9月5日(火)に「ブータン高原の遊牧民の暮らし」という題でお話させていただくことになりました。ぜひお出かけください。

詳細は岩立フォークテキスタイルミュージアム ホームページをご覧ください。

モコクチュン~モン ナガランド染織の旅2017 Mokokchung to Mon, Nagaland Textile Tour

2017年3月29日(水)

いよいよ、コニャック族の住む「モン」に移動です。モコクチュンからモンは直線ならすぐなのに、道路がとてもひどいので一度アッサムに出てからまた戻る、1日がかりの大回りルートです。。Mokokchung to Mon is short if we could drive straight, but we had to go out to Assam once and drive back to Nagaland again.

赤い線が我々の移動ルート

モコクチュンから近いMopungjukit村で小さな博物館に立ち寄りました。もう見られないのか・・と諦めていた「炭で絵を描いた細い布を貼り付ける」アオ族のショールが見られました。やはりナガランド、村の郷土館が熱い!Small but very interesting Mopungjukit village. We could see traditional Ao woven and painted shawl.

村の碑。星の王子様みたいな絵

続きを読む

トゥフェマ~モコクチュン ナガランド染織の旅2017 Tuophema to Mokokchun

2017年3月28日(火)

早朝散歩 トゥフェマ村。Morning walk around Tuophema village.

首を飾る木

村の入り口の大木。広げた枝に取ってきた首を飾った。

昔、村の入り口だったところ。枝を広げた大きな木。ここに、勇者たちが取ってきた首をかけたのだそうだ。Tall tree at the entrance of village, once the head used be hanged  on. 続きを読む