Bhutan」タグアーカイブ

ヤクランド通信第80号できました Newsletter vol.80

ヤクランド通信第80号ができました。
平山雄大さんのペマガッツェルのお話(12/24のティータイムの資料も兼ねています)、9月のラヤトレッキングの報告、ブータンの民族衣装、番外編アッサムのアルバム、ヤク仲間紹介など。ブータンの遊牧民を考えるため、ゲストの榊龍昭さんにイラン~アフガニスタンの遊牧民についてお話を伺いしました。など、思いつくまま16ページ、カラフルです!

こんな調子で隔月発行しています。

ヤクランド会報(年会費2800円)ですが、試読ご希望の方はお送りしますのでご連絡ください。

昔ながらのプラッカールの祭り Prakhar Tsechu Festival

11月にはブムタンの2つのお祭りを見ました。ブータン最古の寺院のひとつジャンベラカンのお祭りは、そのすぐ前に行われたジャカール・ゾンのお祭りを見てしまったためか、地元の人がとても少なく、ツーリスト用にアレンジされたショーのようでちょっぴりがっかり。次の日にはチュミ谷のプラッカールのお祭りに行き、こちらは昔ながらの雰囲気で嬉しくなりました。領主の末裔やリンポチェ(転生の僧)にもおめもじ。今年、王様がトンドル(大仏画)を寄付されました。私たちは移動途中に遠目に拝みましたが、来年はトンドル御開帳に合わせて行ってみたいなぁ、と思いました。 While we saw more tourists than locals at Jambay Lhakhang, the festival of Prakhar Lhakhang in Chumi valley still remains the significance of traditional Bhutanese festival. We wish we could visit again maybe next year to pay worship to the Throngdol which was contributed to Prakahr Lhakhang by King this year.

 

晴天のテゴラ峠とアートな仔牛たち Artistic calves on Tegola pass 7月の旅から

ハのテゴラ峠はキャンプ地まで車で行って、キャンプから日帰りで高山植物が楽しめる貴重な場所です(早起きしてホテルから日帰りもできます)。そして、今年のテゴラ峠フラワー・ミニトレッキングの旅は、「ありえない!」晴天続き!ほんとにびっくりです。私達がブータンに到着する2日前までは連日雨続き、空がからっぽになったのかしら? 続きを読む

チェリ寺へ道草ハイキング Slow hiking to Cheri Monastery

今年(2017)7月のツアーで、本番の前の足慣らしとしてティンプー郊外のチェリ寺院までハイキング。1時間のところ2時間かけて登りました。(下りは1時間)。We took two hours to walk up to Cheri Monastery. Local people must have thought strange why we can take such long time but in fact there were plenty of new things we could discover along the way. Just to enjoy whatever we see made our mini trekking fruitful one. 続きを読む

ブムタンから染色と羊が消えていく Dye and Sheep disappearing in Bumthang

My memories of Bumthang valley with flocks of sheep with small boys to look after them, ladies to dye yarns with traditional dye materials, weaving matra and yatra in the sun ……     all those things are disappearing today.

1年前にある染織の情報誌から原稿を書いてみませんか?という有難いお話をいただきながらも、どういう切り口でまとめたらよいか浮かばずにとうとう1年もたってしまい(ごめんなさい)、このままではいけない、だから雨ばかり続くんだ(←関係ない?)と、雨降りで何もできない 続きを読む

ヤクランド通信第78号ができました Yakland Newsletter vol.78 issued

ヤクランド通信はヤクランド会員の方に年に6回(偶数月の1日)にお送りしています。
今回は、ブータンでがんばる若者の就職報告、サクテンと東ブータンの下見報告、とてもいい旅になった6月のツアーの様子、今月から代々木上原のブータン料理店ガテモタブンの店長さんにもご登場いただいてます。会員の方には8月1日に発送いたしました。

会員も随時募集しています。年会費2800円ですが、途中ご入会の場合には計算しますのでお問合せください。試しに読んでみたい、という方は、お送りしますのでご連絡ください。

Yakland Newsletter is issued every alternative month, the vol. 78 was just out on August 1st. We have news and reports on  a Bhutanese youth, a tour report on Sakten, a photo album of our beautiful June tour, and the manager of Bhutanese restaurant in Tokyo introduces tasty Bhutanese cuisine and so on.

続きを読む

高地に暮らす人々の毛織物 8月3日から 岩立フォークテキスタイルミュージアム

岩立フォークテキスタイルミュージアム
第12回展 高地に暮らす人々の毛織物ー中国(イ族)、チベット、ブータン、インド北部
2017年8月3日ー11月11日

9月5日(火)に「ブータン高原の遊牧民の暮らし」という題でお話させていただくことになりました。ぜひお出かけください。

詳細は岩立フォークテキスタイルミュージアム ホームページをご覧ください。

リュウキュウアイとタデアイの実験講座 Study of two types of Indigo plants

7月23日、高崎市染料植物園での「リュウキュウアイとタデアイの実験講座」(山崎和樹先生)に参加してきました。前日ブータンから帰国したばかりのぼ~っとした頭を、鮮やかな藍のブルーが目覚めさせてくれました。I participated the experimental workshop for two types of Indigo plants – Strobilanthues cusia & Persicaria tinctoria instructed by Mr. K. Yamazaki at Takasaki city botanical garden of dye plants on July 23rd.

日本ではふつうに藍というとタデアイが一般的で、リュウキュウアイは沖縄などの南国の植物。ブータンではリュウキュウアイを使います。 Persicaria tinctoria is popular in Japan while Strobilanthues cusia is used in south part of Japan and in Bhutan.

その1.生葉染め dye with fresh juice of indigo leaves

生の葉をミキサーにかけて漉したジュースで素早く染める方法です。

健康に良さそう???? looks  good for health ?????

続きを読む