輪状整経」タグアーカイブ

1/24(金)1/25(土)ブータンの「輪状整経」と「片面縫取織り」の会|ブータン+グァテマラ 旅と織りの会

「ブータン+グァテマラ 旅と織りの会」(1/21-1/25)の最後の2日間は、手織工房SOX工藤いづみさんによるブータンの輪状整経と片面縫取織りの実演・解説です。

工藤さんがブータンまで行き、さらにブータンから織り名人を日本に招聘して学んだ技術を多くの方に伝えていこうとテキスト作りに取り組み始められたそうです。その一歩として「輪状整経」と「片面縫取織り」に絞った記事を「ブータン染織・竹細工の旅報告書2019年版」に寄稿してくださいました。その報告書をテキストとして使います。
また、ヤクランドの久保がブータンで撮影してきた、ブータンのさまざまな地方や織り手による整経と織りの動画をご覧いただきます。
数年後にまたブータンの織り名人を日本に招待したい、そのときに私たちがブータン人のすごさを少しでも理解できるように・・という願いを込めて。

*時間:1:00pm~3:30pm(両日とも同じ時間・内容)
*参加費2,000円(テキスト付) 定員各12名
*お申込:ヤクランドへお申込ください
*会の間は会場をクローズします。展示は11:00~1:00、3:30~5:00にご自由にご覧ください。
場所:Café Galleryファルマ 埼玉県所沢市泉町914-17 千雅堂1F


片面縫取織りの最も難しい技術を使って織り上げられたブータンの民族衣装
横から見ると三角形のブータンの腰機。
輪状整経。中央の太い棒の部分で糸ソウコウを取りながら整経する。(当日はブータンから持ち帰った整経台を使って実演します)