染色」タグアーカイブ

ゼムの葉とボケの実は媒染剤?

ブータンの染色の特徴のひとつははゼム(ハイノキ科ハイノキ属の植物)の葉とボケの実(カリンくらい大きい。酸味が強い)を使うことです。

ゼムの葉はアルミを多く含み、ミョウバンを使った媒染と同じ役割をしていると考えられている一方、本当にアルミ分が溶けだしているのか疑問、という声もあります。葉に化合物として蓄積されているアルミが湯で煮ただけでアルミイオンにはならないだろう、ということです。

一方、酸っぱいボケの実を入れることについて、染色に詳しい方たちは「赤い色味を鮮やかにするため」といいますが、ブータン人は、酸っぱい実は色を糸にぎゅっと押し込んでくれるのだ、といいます。やっぱりブータン人のいうことには意味があるんじゃないでしょうか?

さて、まったく素人考えで笑われるかも知れませんが、いろんな人にあれこれ聞いて、こんなストーリーを考えてみました。

まず、ゼムの葉を煮ることでアルミは化合物のままの状態で葉から出てきて、糸に付着する。
酸を加えた染液にその糸を入れて煮ると、アルミの化合物はいままでペアになっていた物質を手放して色素と結合する。
もしこれが成り立つとしたら、ゼムの葉は酸っぱい実の力を借りてアルミ媒染の働きを果たしているということになるのではないかな?と思うのです。
それを科学的に証明できないでしょうか!

<ブータンのラック染めの例>

左:ゼム(Simplocos sp.)  寒冷なブムタン地方のもの。温暖な地方では常緑樹のゼムがあり、手に入ればそちらのほうが良く染まるという。

右:ゼムの葉を湯で煮出した中に糸(ウール)を入れて少し煮てから自然に冷ましたもの。糸は黄色くなる。

左:染色の大事な脇役のボケの実。大きくて酸味が強い。生でも乾燥させてもよい。

右:乾燥したボケの実を水につけている。水が酸っぱくなる。

左:ラック(ラックカイガラムシの分泌物。臙脂色の染料)にお湯をさしてかき混ぜるとお湯が赤くなる。これを漉して染液をとる。

右:ラックの染液にボケの実の酸っぱい液を加えている。

左:ラック染液にゼムであらかじめ煮た糸を入れてさらに加熱して染める。
右:染めあがった糸。

ブムタンから染色と羊が消えていく Dye and Sheep disappearing in Bumthang

My memories of Bumthang valley with flocks of sheep with small boys to look after them, ladies to dye yarns with traditional dye materials, weaving matra and yatra in the sun ……     all those things are disappearing today.

1年前にある染織の情報誌から原稿を書いてみませんか?という有難いお話をいただきながらも、どういう切り口でまとめたらよいか浮かばずにとうとう1年もたってしまい(ごめんなさい)、このままではいけない、だから雨ばかり続くんだ(←関係ない?)と、雨降りで何もできない 続きを読む

リュウキュウアイとタデアイの実験講座 Study of two types of Indigo plants

7月23日、高崎市染料植物園での「リュウキュウアイとタデアイの実験講座」(山崎和樹先生)に参加してきました。前日ブータンから帰国したばかりのぼ~っとした頭を、鮮やかな藍のブルーが目覚めさせてくれました。I participated the experimental workshop for two types of Indigo plants – Strobilanthues cusia & Persicaria tinctoria instructed by Mr. K. Yamazaki at Takasaki city botanical garden of dye plants on July 23rd.

日本ではふつうに藍というとタデアイが一般的で、リュウキュウアイは沖縄などの南国の植物。ブータンではリュウキュウアイを使います。 Persicaria tinctoria is popular in Japan while Strobilanthues cusia is used in south part of Japan and in Bhutan.

その1.生葉染め dye with fresh juice of indigo leaves

生の葉をミキサーにかけて漉したジュースで素早く染める方法です。

健康に良さそう???? looks  good for health ?????

続きを読む

新緑香しい高崎市染料植物園で草木染体験 Dye workshop at Takasaki city dye botanical garden

運転の練習も兼ねて、高崎観音のすぐ近くにある染料植物園に行ってきました。絹のプチスカーフ代1200円(ポケットチーフは600円)だけで本物の草木染めを学べるとても嬉しい体験講座です。 I visited the dye botanical garden in Takasaki city, 2 hours driving from my house ( but it took 4 hours today because of Golden Week ! ). We can learn vegetable dye by paying only 1200 yen for a handkerchief .

今日の染料はラックダイ。ブータンでもおなじみのラックカイガラムシの分泌物、その色素をパウダーにしたもの。どんな色になるのか楽しみ。この液の中には酢も少し入っています。そのほうが、色がしっかりと着くのだそうですToday’s dye is lac powder. cook handkerchiefs for about 15 minutes.

ムラにならないように絶えず揺らしながら煮ます

続きを読む