染織」タグアーカイブ

1/22(水)1/23(木)東ブータン+20年前のグァテマラ 染織の旅のお話会|ブータン+グァテマラ 旅と織りの会

「ブータン+グァテマラ 旅と織りの会」(1/21-1/25)の2日目と3日目は
東ブータン+20年前のグァテマラ の染織の旅のお話会です。

9月の東ブータンの旅はいつもよりハードな旅でしたが、「全然壁、楽しい」と余裕の大嶋夕子さん(あかね工房)は、20年ほど前に紛争下のグァテマラに何度も通った経験の持ち主でした。電気も水もない・・「シャワーはどうしたんですか?」「スコールが来たらTシャツのまま外に出るの。スコールが上がれば着たままでTシャツも乾いてしまうのよ」と、いつもの笑顔で語ってくださいました。当時は若い人もみんな手織の民族衣装を着ていたこと。貧しい村の人が自分が着ていたウィピルを脱いで買ってくれ、と言ってきたこと。(そのウィピルは丁寧に保管されてとてもよい状態です。数点展示してくださいますのでお楽しみに!)
大嶋さんも参加してくださった東ブータンの旅から、藍染めや泥染め、綿紡ぎ、野蚕の織物などの報告と、大嶋さんの20年前のグァテマラの旅のお話をしていただきます。ぜひお出かけください。

日 時:2020年1月22日(水)1月23日(木) 両日とも  午後1時~3時30分
定 員:各15名さま(ヤクランドにご予約ください)
参加費:1,500円
*会の間は会場をクローズします。展示は11:00~1:00、3:30~5:00にご自由にご覧ください。
場所:Café Galleryファルマ
場所:埼玉県所沢市泉町914-17 千雅堂1F


「ブラ」と呼ばれる野蚕の織物は東部ブータン・ラディ地方の特産品。アカネやラック、藍などの天然染料と化学染料を両方使い好みの色に糸を染めて織る。(ブータン)

綿糸はインドから安く買えるようになりブータン国内ではほとんど生産されなくなった。その中でトンサ村はまだ綿花栽培を続ける貴重な村(ブータン)

リュウキュウアイの生葉を発酵させて綿糸を染める。仕上げの一手間が面白い(詳しくは当日・・)(ブータン)

大嶋さんのコレクション。20年前は子供が茶綿を紡ぎながら歩いていた。(このスピンドルは展示はしませんがお話会の時に見せていただく予定です)
大嶋さんの写真。民族衣装を着た女性の後ろ姿。兵士の姿が痛々しい情勢を語っている。

5/17(金)・5/18(土)ブータン・ティータイム in 大阪

アットホームな古民家ギャラリーでブータン染織のお話会を開きます。
午前の会は、刺繍のような細やかな模様を織り込む片面縫取織りの産地、落ち着いた表情の野蚕の織物の村、もうとっくになくなってしまったと思われていた綿栽培を今でも続ける村など、東部ブータンならではの様々な織物とその産地をご紹介します。

午後野会は、「ブータンにもこんなところがあるの?」という山岳地帯の珍しい民族衣装を着た人々のお話です。ヤクや羊の毛を紡いで実用的な布を織り、おしゃれなヤクのフェルトの帽子を作る様子、そしてすぐ裏山がチベットやアルナーチャル・プラデシュ(インド)という面白い事情にも触れたいと思います。

染織品の展示(着方実演も)、片面縫取織りの実演、資料の販売もいたします。
ぜひお出かけください。

2019年5月17日(金)・18日(土)
10:30~17:00 (下記時間以外は自由に展示をご覧いただけます)

午前の会 11:00~13:00 
「東ブータンの織物産地」~“王家のために布を織る”ゲンパカップ村、綿栽培のトンサ村、野蚕織物のラディ地方~

午後の会:14:30~16:30
「ブータン山岳遊牧民族」~ヤクのフェルト帽子のブロクパ族、竹の帽子のラヤ族~

*1日目、2日目とも同じ内容です。
*各30分前から受付

定 員:15名様(先着順)
会 費:1500円 ブータンのハーブティー、お楽しみスイーツ付

場 所:Gallery & Space SIO 大阪市中央区南船場1丁目3-26

お申込:ヤクランドへお申込ください(①ご参加者全員のお名前、②ご連絡先 ③ご希望の日にち・午前か午後か)④特にご興味をお持ちの内容(もしあれば)

*残席情報などはホームページに掲載しております。
http://yakland.jp/?page_id=2533

ブータン・ペマガツェルの綛上げ動画

染織情報α(2018年12月号)に -「綿織物」とペマガツェル県トンサ村 ‐ の記事を書かせていただきました。

その記事の中の「綛上げ」の写真を理解しようと、自分で模型を作って考えてくださった方とお会いしました。

こんなにじっくり読んでくださる方がいらっしゃったとは、びっくり。嬉しかったです。

質問してくださったMさんのために、動画をアップいたしました。

腰機の会 PART1 ~インドネシア・ブータンを訪ねて~

※修了しました

いよいよ近づいてきました。手織工房SOXの工藤さんと詳細を打合せしました。

「とにかく布を見て欲しい」と、工藤さんがインドネシア(主に小スンダ列島の島々)やブータンの布をいっぱい広げてくださるそうです!そしてブータン片面縫取織の実演をたっぷりと。

ヤクランドはナガランド(←聞いたことありますか?)とサクテン(←ブータンです)の写真と動画を。サクテンの腰機で織る綾織りの仕組みを一緒に解き明かしましょう!


 ↑動画をもう一度見るには 左下の丸い矢印をクリックしてください

【日時】2018年2月9日(金)~2月12日(月)
10:30~18:30(9日 14:00~、12日 ~16:00)
無料 (お話の会は椅子の準備のためご予約お願いします)

【会場】ギャラリー永谷2
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-1
吉祥寺永谷シティプラザ1F

【主催・問い合わせ】手織工房SOX TEL : 080-2093-6496(工藤)

【9日の予定】
14:00 OPEN
15:30~16:30 工藤さんのブータン片面縫取織り実演とインドネシアの布解説
18:30 CLOSE

【10日&11日の予定】
10:30 OPEN
11:00~12:00 工藤さんのブータン片面縫取織り実演
13:00~13:30 工藤さんのインドネシアの布解説
13:30~15:30 ヤクランド スライドトーク「ナガランド・サクテンの旅と腰機」
サクテンの腰機による綾織をみんなで考えよう!
15:30~16:30 工藤さんのブータン片面縫取織り実演
(午前と同じ内容です)
18:30 CLOSE

【12日の予定】
10:30 OPEN
11:00~12:00 工藤さんのブータン片面縫取織り実演
13:00~13:30 工藤さんのインドネシアの布解説
13:30~15:30 ヤクランド スライドトーク「ナガランド・サクテンの旅と腰機」
サクテンの腰機による綾織をみんなで考えよう!
16:00 CLOSE

 

ブータン+北東インド 染織の旅報告書2017年版ができました

「ブータン+北東インド・アッサム、ナガランド州 染織の旅報告書2017年版」完成しました。

カラー74ページ 1部 900円(+送料)

北東インドのナガランドやアッサムなどの地域に住む人や織物のことをたくさんの方に知っていただきたいと願って作りました。また、これからこの地域を旅される方のお役に立てれば嬉しいです。見てきたことをなるべく書き記し、写真もたくさん掲載しています。

1部900円で販売しております。
メールでお申込(お名前、ご住所、お電話番号、部数)の上、郵便振替にてご送金ください。ご送金後1週間程度でお送りさせていただきます。送料一律100円。

郵便振替口座番号 00180-1-34030 加入者名 ヤクランド

アッサムのムガ蚕

アッサムのミシン族

ブータン・ラヤの竹帽子作り

ナガランドの綿紡ぎ

「ブータン+インド・アッサム、メガラヤ州 染織の旅報告書2016年版」700円
「ブータンの染織紹介~旅で出会った布と人」1600円
もございます。
こちらをご覧ください。

 

ブムタンから染色と羊が消えていく Dye and Sheep disappearing in Bumthang

My memories of Bumthang valley with flocks of sheep with small boys to look after them, ladies to dye yarns with traditional dye materials, weaving matra and yatra in the sun ……     all those things are disappearing today.

1年前にある染織の情報誌から原稿を書いてみませんか?という有難いお話をいただきながらも、どういう切り口でまとめたらよいか浮かばずにとうとう1年もたってしまい(ごめんなさい)、このままではいけない、だから雨ばかり続くんだ(←関係ない?)と、雨降りで何もできない 続きを読む

高地に暮らす人々の毛織物 8月3日から 岩立フォークテキスタイルミュージアム

岩立フォークテキスタイルミュージアム
第12回展 高地に暮らす人々の毛織物ー中国(イ族)、チベット、ブータン、インド北部
2017年8月3日ー11月11日

9月5日(火)に「ブータン高原の遊牧民の暮らし」という題でお話させていただくことになりました。ぜひお出かけください。

詳細は岩立フォークテキスタイルミュージアム ホームページをご覧ください。

レベル高過ぎ!ジャンベさんのサンプル模様

織り名人のジャンベさんが、片面縫取織り模様見本を織ってくださいました。

面を埋めるように入れる方法、片側から経糸を巻き込む方法、チェーンステッチのように見える糸の絡ませ方など、いろいろです。

ブータンの織りをちょっと練習した人が次の目標にできるといいな・・と思い、「なるべくシンプルに・・」とお願いしたのに、ジャンベさんのシンプルはレベル高過ぎ!この下にもう一段階必要かなぁ。でも細やかなところがやっぱり他の布と比べると断然違います。さすがです。(スピニングパーティーで1枚2400円で販売予定)

ここは手織工房SOXの工藤先生にがんばってブータンの織りをたくさんの方に教えてもらわなくちゃ。吉祥寺の教室では随時個人レッスンが可能で、今年は夏季講習の中でもブータン織りのカリキュラムも予定しているそうです。

続きを読む

新緑香しい高崎市染料植物園で草木染体験 Dye workshop at Takasaki city dye botanical garden

運転の練習も兼ねて、高崎観音のすぐ近くにある染料植物園に行ってきました。絹のプチスカーフ代1200円(ポケットチーフは600円)だけで本物の草木染めを学べるとても嬉しい体験講座です。 I visited the dye botanical garden in Takasaki city, 2 hours driving from my house ( but it took 4 hours today because of Golden Week ! ). We can learn vegetable dye by paying only 1200 yen for a handkerchief .

今日の染料はラックダイ。ブータンでもおなじみのラックカイガラムシの分泌物、その色素をパウダーにしたもの。どんな色になるのか楽しみ。この液の中には酢も少し入っています。そのほうが、色がしっかりと着くのだそうですToday’s dye is lac powder. cook handkerchiefs for about 15 minutes.

ムラにならないように絶えず揺らしながら煮ます

続きを読む

トゥフェマ~モコクチュン ナガランド染織の旅2017 Tuophema to Mokokchun

2017年3月28日(火)

早朝散歩 トゥフェマ村。Morning walk around Tuophema village.

首を飾る木

村の入り口の大木。広げた枝に取ってきた首を飾った。

昔、村の入り口だったところ。枝を広げた大きな木。ここに、勇者たちが取ってきた首をかけたのだそうだ。Tall tree at the entrance of village, once the head used be hanged  on. 続きを読む