」タグアーカイブ

お気に入りロベサ・ホテル My favorite Lobesa Hotel Bhutan

3月の旅でロベサ(プナカの近く)で泊まったホテル、今のブータンにこんないいホテルがあったんだぁ、と感動しました。今までに何度か泊まったことのあるホテルですが、眺めが見えない部屋だったから印象が違ったのかも知れません。
It was wonderful two days stay at Lobesa hotel, feeling full of warm hospitality and true traditional culture.

リセプション。このホテルには、近くの農家から集められた民具などが豊富に飾られています。外国人向けの装飾ではなく、地味な生活用品など本物の民具ばかり。博物館の中にいるようです。


スタッフの女の子たちは本当に働き者です。サービスがとてもよく笑顔で気持ちよく接してくれました。今時珍しいフルキラをキチンと着ていて、清楚で美しいです。
後ろの布やアティークな仏画も気になりますね!
松ぼっくりの飾り。竹ワッパとのコンビネーション。トイレも美術館。
入口付近にも古い道具が。これは「くけ台」です。
民具ファンにはたまらないものがいっぱい!   
今回は別館の部屋に泊めてもらいました。プナカの田んぼの眺めが素晴らしい。
早朝の写真。目の前に大きなデイゴの木があり、花が咲いています。
デイゴの花の蜜を吸いに、たくさんのシリアカヒヨドリが集まっていました。
日本のヒヨドリほどうるさくなく、いいモーニングコールです。
お尻、真っ赤かです!
本館の外観   
木の部屋。落ち着きます。
シャワーのお湯も出ました。Wi-Fi-のパスワード。make a wish いいですね

ドアのノブが壊れていて、ドアの木が季節によって膨張するから難しいとか。
そういうところはブータンなのでちょっとありますが、温かい素朴なおもてなしがとても嬉しく、またぜひ泊まりたいホテルになりました。

チベットの青いケシと世界遺産 ポタラ宮殿を見に行きませんか?

今年(2019年)の夏、チベットの青いケシを見に行きたいというリクエストをいただきました。
ちょうど私も去年の夏のチベットの旅で見た、青いケシ(メコノプシス・ラサエンシス)の清らかな空のような青い色に魅せられて、チベットの青いケシや花をゆっくり楽しむ旅をしたいなぁと思っていたところでした。

ガイドのハンさんによれば、時期的に終わっている可能性のある花も含めると8種類の青いケシが見られる可能性があるそうです。カンタンに見られる青いケシもあるし、中にはハンさん自身が見つけた貴重種もあり、今年も咲いていてくれたらラッキーですね。青いケシを語り出したら止まらないほど青いケシが好きなハンさんがガイドです。乞ご期待!

ところで、チベットというと、なんとなく怖いと思っている方がいらっしゃいますが、観光旅行はとても安全で快適です。高山病にならないために、今年の旅は有名なラサではなく、青いケシの咲く東チベットの林芝(3000m)から入ることにしました。

青いケシを見て短い日程で帰ることも考えましたが、悩んだ末、やっぱりチベットに行くからにはラサにも行き、世界遺産ポタラ宮殿も日程に入れました。チベット仏教の聖地中の聖地ジョカン寺もご案内します。とにかく圧倒的な仏教の歴史を感じられると思います。

この旅は少人数でも必ず行きたい、と私自身とても楽しみにしています。
私達はいつもゆったりスローな仲間なので、体力がちょっと心配、くらいな方でもちょうどよいかも知れません。一緒に行きませんか?ご連絡お待ちしています。
旅の詳細 ↓↓
http://yakland.jp/?page_id=2297

メコノプシス・プライニアナ

ヤナギラン

ポタラ宮殿

ブータン・ペマガツェルの綛上げ動画

染織情報α(2018年12月号)に -「綿織物」とペマガツェル県トンサ村 ‐ の記事を書かせていただきました。

その記事の中の「綛上げ」の写真を理解しようと、自分で模型を作って考えてくださった方とお会いしました。

こんなにじっくり読んでくださる方がいらっしゃったとは、びっくり。嬉しかったです。

質問してくださったMさんのために、動画をアップいたしました。

ブータン+チベット+アッサム 染織の旅報告書2018年版ができました

カラー70ページ 1部 700円

東ブータンの染織の盛んな村やチベットの旅のささやかな記録です。この地域に興味をお持ちの方や、旅をされる方のお役に立てれば嬉しいです。

1部700円でお分けしております。送料は部数にかかわらず一律100円(差額サービス)
メールでお申込(お名前、ご住所、お電話番号、部数)の上、郵便振替にてご送金くださ
い。ご送金後1週間程度でお送りさせていただきます。

送料:2019年2月20日までにお申込・ご送金いただいた場合無料。それ以降は実費
となります。

郵便振替口座番号 00180-1-34030 加入者名 ヤクランド

最高級の女性の衣装を織るゲンパカップ村

片面縫取織りの図解を試みてみました

ワイルドシルクミュージアムの檜山さんに手伝っていただき、今までの旅で撮影した「エリ蚕」のアルバムを作りました

トンサ村で藍染と泥染めを見せてもらいました

大好きなサクテン

ブロクパの帽子作り。以前見たときとちょっと違います。

チベットの高機。砂川康子さんによる図は貴重です!

杉山美和さんがチベットとブータンの衣装を採寸図で比較してくださいました。さすがプロです!

ブータンのラック染めの染織品、ラック養殖、染色方法をまとめました

ラック研究会の北川美穂さんに手伝っていただいてラックの一生をまとめました

「ブータン+インド・アッサム、メガラヤ州 染織の旅報告書2016年版」700円
「ブータン+北東インド染織の旅報告書2017年版」900円
「ブータンの染織紹介~旅で出会った布と人」1600円

もございます。
こちらをご覧ください。

来年のチベット、青いケシの旅 企画しました!

今年はチベットに2回も行かせていただきました。
なにしろ特殊な地域なので、
自分の中でどう考えたらいいんだろうと
しばらく時間がかかりましたが
そこを通りこしたとき、
チベットは1年に1回くらいは足を運び
ず~っと長くつきあっていきたいところになりました。
続きを読む

ヤクランド通信84号発送しました Yakland News Letter Vol 84 released

New Letter of Yakland vol.84 was just released.
隔月発行しているヤクランドの会報「ヤクランド通信84号」先ほど発送しました。

8月1日号ですが、明日からチベットに行くという都合で少し早いお届けです。
今回は6月の旅の様子、チェレラ峠で見られた高山植物の見開きリスト、9月1日のティータイムで講演してくださる平山さんが、予備知識的に書いてくださったアジ・ケサンの留学時代までのこと、そして会員の皆さんからのお便りや情報などです。

とにかく毎回16ページを埋める、それだけの努力目標でゆるく長く続いています。

ヤクランドの仲間は、いつの間にかあまりメジャーじゃないブータンの土地の名前に違和感がなくなっていたり、気がついたらけっこうブータンに詳しくなっていたり、そんな感じがとてもいいです。どなたでも会員になっていただけますので、一度、ティータイムにでも遊びにいらしてくださいませ。

ブータンのサラダ「ホゲ」の作り方 Bhutanese salad Hogye

大きく切った野菜を入れて、ちょっとご馳走風にしたものがホゲです。ここではきゅうりをメインにしましたが、大根でもよく作ります。山椒がとても爽やかです。

 
<材料(2~3人分)>
きゅうり1本、ニラ1本、トマト半分、玉ねぎ1/4個、カッテージチーズ(サラダ用)30g、ショウガ ひとかけ、塩、粉とうがらし、粉山椒 各少々 続きを読む

サクテンの石楠花、圧巻! Magnificent Rhododendron flowers, Sakten

昨年の5月にサクテンを訪れたとき、咲き終わった石楠花がいっぱい。これが咲いていたらどれほど見事だろうと想像しました。そして今年はそれを確かめるために4月18日から再びサクテンへ。今度は14人の石楠花を期待するお客様と一緒。ところが歩き始めても石楠花はほとんど咲いておらず、プレッシャーが・・・。そしていよいよサクテンが近づいてくると「わ~」と歓声が。急斜面を赤い滝のように石楠花の花が覆っていたのです。そこからは、ほんとうに夢のような石楠花の世界でした。Last year I visited Sakten valley in the early May. There were many Rhododendron trees just flower finished. So I invited 14 members to Sakten Rhododendron trekking in April which supposed to be the right season for flowers. Yes, it was !  It was more than I expected !

ラルン寺に行きます we will visit Ralung Monastery in Tibet

7月のチベットの旅は名所あり、自然あり、そしてゆったりと・・と、理想的な内容です(と自負しています)。
でも、陰のポイントはブータンのルーツでもあるラルン寺のお祭り見学です。

ラルン寺はドゥクパ・カギュ派の総本山。その後継者をめぐって争いが生じました。身の危険を感じたガワン・ナムゲルは、ラルン寺座主の正当な後継者の証である「ランジュンカルサパニ」(写真)を持ってヒマラヤの南に逃亡したのでした。その後、カリスマパワーを発揮、その地域を統一してできた国がブータンです。17世紀のことです。 続きを読む