ホテル」タグアーカイブ

旅の話-アルナーチャルのホテル、きれいさっぱり(?)Hotels in Arnachal Pradesh

4月のアルナーチャル・プラデシュの旅のホテル事情について書いておこうと思います。

行く前に、現地の旅行手配会社に「タオルはあるか?」「シャワーはあるか?」など問い合わせたところ、タオルがあるという保証はできない、シャワーがない部屋にはバケツにお湯を供給する、と言われていたので、覚悟していった。
そう、必要なのはホテルの設備ではなく、心構えです!ですから、毎日とても快適でした(^_^)

We were advised by the local tour company that hotels in Arnachal Pradesh may not have towels, hot shower in the rooms so we must be ready to face inconvenience. We were fully equipped beforehand, everything was fine !

旅行した地域

私たちがアルナーチャル・プラデシュ州の中で泊まったのは、タワン、ディラン、ボムディラの3カ所。多かれ少なかれ同じようなホテルでした。まとめると、

In Tawang, Dirang, Bomdila, hotels are more or less same. No Wi-Fi, often black out, no boiler and tea, no lift to 5th floor, no morning call service etc….  but so happy to have hot water in a bucket every day.

1)Wi-Fiはない
2)バスタブやない。シャワーのお湯はでた!!(すご~い!)。部屋によっては、シャワーはついていなかったが、バケツ1杯は十分にお湯がでた。
3)バスタオルはあった。フェイスタオルはない。もちろんドライヤーはない。
4)ときどき停電する。
5)湯沸かしポットやコーヒー・紅茶セットは、ほとんどついていない。
6)同じホテルでも部屋の差が大きい。くじ引き、じゃんけんで決めよう!
7)エレベーターはなく、部屋は5階くらいまである。
8)荷物は部屋まで運んでくれるけど、従業員が少ないのでガイドも運んでくれた。
9)モーニングコールは頼むだけムダなので自分で起きる。
10)食事はインド料理(あまり本格的ではないけれど)

ボムディラのホテル。左上にギザ(湯沸かし器)。シャワーで床が濡れるのでゴム草履必携

ボムディラのホテル

そして、覚えておかなくてはいけないのは、基本的にお酒類はレストランにおいていない。アルナーチャル(少なくとも私たちが行ったあたりでは)、ビールは自分でお店で買ってくる、と心得たほうがよい。親切なので、冷蔵庫に入れておいてくれるし、グラスも使わせてくれる。一度など、たった3時間くらいのうちにビールがシャーベット状に凍ってしまった。凍ったビールの栓を抜くと、泡がうまく抜けないのでシャーベット状態でニョロニョロって盛り上がってくる!大笑いでした。
If you want to drink beer, you must buy it by yourself from the market. They are kind enough to keep it in the refrigerator and even allow you to use their glasses. But be careful, within three hours, the beer can get frozen like sherbet !

そういう事情なのですが、まったくイライラしなかったのは、たぶんアルナーチャル・プラデシュという場所が、そもそも観光客があまりくるようなところではないからだと思います。従業員がサボっているわけじゃなくて、これが普通、という感じ。むしろ、何かとっても気持ちのよいものを感じました。自分が身につけてしまった常識の垢を清めてくれるような・・。

Indeed, I felt comfortable and peaceful in those hotels.  I guess , in my life, I have too much things which may be not really necessary to me.

ホテルの従業員は州外から出稼ぎに来ている人が多かったです。地元の人は、あまりこういう仕事をしたがらないのかもしれません。ディランには小さいホテルのような「ホームステイ」がありました。次回はこういう宿に泊まって、地元のお料理を食べたり、地元の人とお話したりしたいと思いました。

There are nice home-stay or small guest houses run by a family. If I ever get a chance to visit Arunachal Pradesh, I would like to stay there having home cooking and chat with family.

染織見学に行った民家。左側にホームステイの建物(ディラン)

お気に入りロベサ・ホテル My favorite Lobesa Hotel Bhutan

3月の旅でロベサ(プナカの近く)で泊まったホテル、今のブータンにこんないいホテルがあったんだぁ、と感動しました。今までに何度か泊まったことのあるホテルですが、眺めが見えない部屋だったから印象が違ったのかも知れません。
It was wonderful two days stay at Lobesa hotel, feeling full of warm hospitality and true traditional culture.

リセプション。このホテルには、近くの農家から集められた民具などが豊富に飾られています。外国人向けの装飾ではなく、地味な生活用品など本物の民具ばかり。博物館の中にいるようです。


スタッフの女の子たちは本当に働き者です。サービスがとてもよく笑顔で気持ちよく接してくれました。今時珍しいフルキラをキチンと着ていて、清楚で美しいです。
後ろの布やアティークな仏画も気になりますね!
松ぼっくりの飾り。竹ワッパとのコンビネーション。トイレも美術館。
入口付近にも古い道具が。これは「くけ台」です。
民具ファンにはたまらないものがいっぱい!   
今回は別館の部屋に泊めてもらいました。プナカの田んぼの眺めが素晴らしい。
早朝の写真。目の前に大きなデイゴの木があり、花が咲いています。
デイゴの花の蜜を吸いに、たくさんのシリアカヒヨドリが集まっていました。
日本のヒヨドリほどうるさくなく、いいモーニングコールです。
お尻、真っ赤かです!
本館の外観   
木の部屋。落ち着きます。
シャワーのお湯も出ました。Wi-Fi-のパスワード。make a wish いいですね

ドアのノブが壊れていて、ドアの木が季節によって膨張するから難しいとか。
そういうところはブータンなのでちょっとありますが、温かい素朴なおもてなしがとても嬉しく、またぜひ泊まりたいホテルになりました。