チベットの旅」タグアーカイブ

チベットから持ち帰った染料で染めてみました with dye staff brought back from Tibet

8月のチベット染織の旅では、思いがけず町のお店で染料を手に入れることができました。これだけの染料を売っているということは、使う人がいるということ、嬉しかったです。
I purchased natural dye staff from a local shop in Tibet which mean there were people who are using those material to dye wool. Though I could not meet them but it was so nice to know.

ネパールあたりから入ってきたらしいアカネ(ブータンと同じ)、たぶんインドで作られた泥藍、ブータンとは違う姿のラック、そしてチベットに生えるチュツァという木。このうちアカネ、ラック、チュツァを買ってきました。

アカネは文句なしの綺麗なオレンジ色、ラックは今までのイメージを覆す藤色、そしてチベットオリジナルのチュツァはとってもコクのある黄色に染まりました。From left to right : silk handkerchiefs dyed with lac, ” chutsa “, and madder.

アカネ madder

これはアカネ。たぶんインドかネパールから運ばれてきたのでしょう。ブータンと同じマンジサアカネと思われます。Madder, most probably brought from Nepal or India. It looks like Rubia Manjith same to Bhutanese madder.

アカネで煮染め dye with madder

煮るだけでどんどん色がでてきてミョウバン媒染で綺麗に染まりました。mordant – alum . madder gives strong bright orange colour.

ラック lac

このラック、お店で見たときにはラックだと思いませんでした。既に色素や蝋分はあまり残っていないので、ラックっぽくないです。I could not believe this one was lac when I saw it at a local shop in Tibet.

炭を煮溶かしているような感じの黒い液になりちょっと心配でしたが、最終的には日本人好み(?)の上品な藤色に染まりました。The solution of this lac was black. With alum mordant, finally I could get graceful light purple colour.

チュツァというチベットの木

チュツァという木、何の木なんでしょう。どなたかご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。This dried pieces of wood called ” Chutsa” is original Tibetan dye staff. I wonder what kind of tree it is. Please tell me if you know.

チュツァの染液は赤 Chutsa solution red colour

柔らかいので金づちで叩いて小さく砕き、水に入れて加熱するとすぐに輝くようなワインレッドの液になってきました。本当に色がよく出るので嬉しいです。ミョウバン媒染をしたシルクのハンカチを入れると、液は赤なのに黄色く染まりました。独特の酸味のある臭いがしますが、pHを測ると酸性(pH4)でした。Chutsa gives strong and clear wine red solution. The handkerchief got rich yellow colour.

スピニングパーティーで販売します。アカネ(100gパック650円)、ラック(65gパック350円)、チュツァ(ぴったりのグラムに分けられませんが、30g 450円 グラムによりイロイロ)です。数に限りがございますのでご了承ください。

サムエ寺~チベットの旅でブータンを知る Samye Monastery , learning Bhutanese history in Tibet

2018年は7月、8月と続けてチベットに行ってきました。イロイロと制限がある地域ですが、本当に本当に面白いところでした。クセになりそうです。

I had two chances to visit Tibet in July and August 2018. Tibet was so grate and interesting. Also I could understand what I had seen  in Bhutan only when I came to Tibet.  The King Trisong Detshen, Padmasambhava, Santaraksita often seen in the alter of Bhutanese temples, finally I got the story of them by visiting Samye Monastery.

そして私のライフワーク、ブータンのことが、チベットに行って初めて納得、ということもたくさんありました。

ブータンのランジュンの僧院にて

その一つ、よくお寺で見るこの3人の聖人トリオ。

写真はブータン東部のランジュンの僧院です。中央はブータンに仏教を伝えたグル・パドマサンバヴァ、左はインドの学僧シャンタラクシタ、右はチベットの王様ティソンデツェン。ガイドに何度説明を聞いてもイマイチ ピンときませんでした。

チベットの旅では、この3人が建てた「チベット最初の寺院」である「サムエ寺」に行きました。その地に立つと不思議なことに、この3人のストーリーがスっと身体に入ってきたのです。ティソンデツェン王は仏教に帰依し、ちゃんとした寺を建てようと考えました。それまでは、仏像を祀る祠はあっても僧侶はいなかったので”寺”と呼べるものはなかったのです。戒律を授ける資格を持った人がチベットにはいないので、インドからアティーシャを招聘しました。そして寺の建設も始まりましたが、夜になると悪魔が壊してしまいました。そこで今度は神通力を持ったグル・パドマサンバヴァが招聘され、悪魔を退治したので無事に寺が建ったというお話。このとき、アティーシャはチベットの貴族の7人(?)に戒律を授けて出家させ、チベットに初めて正式な寺院が出来たというお話です。

チベットの寺院の多くは文化大革命のときに破壊されてしまいました。仏像は北京に運ばれて金属として溶かされてしまったそうです。このサムエ寺も再建・・壁が残っていたなら「修復」というべきでしょうか・・されたものですが、それでも聖地の中の聖地の風格を感じました。

チベットの歴史をコンパクトに読めます

1回目の旅から戻り、2回目の旅に行く前に少し勉強しようと「チベット」(フランソワーズ・ポマレ著/創元社)を読み返していました。すると、サムエ寺には8世紀に建てられた石碑が奇跡的に残っている、そこには仏教を国教に定めた王令が刻まれている、と書かれているではありませんか。1回目の旅のガイドは寺院内の仏像はとても詳しく熱く語ってくれていましたが、この大事な(と思いませんか?)石柱のことは触れませんでした。

 

本当にありました!

2回目の8月、この本のコピーを(1回目とは違うガイドでした)見せて、お寺の人に聞いてもらいました。石柱は寺の入り口のすぐ脇にあったのです。ああ、ここからチベットが仏教国になったんだ、と感動しました。

お寺のお店、お香を買いました

ところで、2回目の旅では寺の売店にも寄ってみました。ここで売っているものはお坊さんの祈祷済なのでとても有難いものです。サムエ寺の写真つきのお香をブータン人の友人たちに買い求めました。ブータン人が一生に一度は来たい聖地に来て、心の中ではいつもブータンの友人たちと会話していました。