チベット」タグアーカイブ

1/21(火)旅の報告と旅行説明会|ブータン+グァテマラ旅と織りの会

「ブータン+グァテマラ 旅と織りの会」(1/21-1/25)の初日は、
2019年の(染織に偏らない)旅のお話・・・東ブータンの竹細工の村訪問、
毎年恒例の「手織物・暮らし・青いケシ」の旅、そして秋のチベットの旅を中心に
写真でご報告します。また、ホテルや食事など、気になる旅行事情のご説明もします。
ご予約の上お気軽にお越しください。

【A】11:20am~00:50pm
【B】2:20pm~3:50pm   (A、B どちらも同じ内容です)
定員各15名さま(ヤクランドにご予約ください)、参加費:無料
*11:00am~5:00pmの間(説明会中も)ブータンやグァテマラの布などの展示はご自由にご覧ください。
*月季さんの美味しいカレーランチあります(1,100円・16食限定・要予約)
場所:Café Galleryファルマ埼玉県所沢市泉町914-17 千雅堂1F


竹の弁当箱(バンチュン)の品定め。カンパラ村のバンチュンはとびきり美しい!(カンパラ・東ブータン)


農家に泊まってバンチュン作りを見学。本当に凄い、心から感動と尊敬。
とても温かい家族と過ごせて忘れられない旅になりました(カンパラ・東ブータン)
村の人がとびっきりのご馳走を作って歓迎してくれました。(ウーリン村・東ブータン)
スクールバスを待つ小学生。みんないい笑顔。(ウーリン村・東ブータン)
バスを降りて尾根を少し歩き、2種類の青いケシを見ました。他にもお花いっぱい。花好きにはたまらない6月のブータン。(チェレラ峠・ブータン)

赤ちゃんをおんぶしてお寺参り。穏やかブータンの暮らしにふれるには、観光地を離れた「ハ」はとてもいいところです!(ハ・ブータン)
なんといっても圧巻のポタラ宮殿(チベット)
ポタラ宮殿から見たラサの町。大都会になりました。
ラサ郊外。秋の日差しが少し寂しげなヤクの高原(チベット)
おいし~~~いヤクのヨーグルトをガイドさんが遊牧民から取り寄せてくれました!(チベット)

チベットに行ったらチベット料理を食べなくては! I love Tibetan food !

Because of many Chinese tourists, hotel and food are very comfortable for us in Tibet. On the other hand, we hardly have a chance to taste pure Tibetan food at restaurant as it is considered to be food at home. So we went out for the picnic and enjoyed pure local Tibetan food !

チベットの旅から帰ってきました。チベットと聞くと心配するかも知れませんが、実は中国人観光客が増えたおかげでチベットの宿や食事はとても快適です。ホテルやレストランの食事は基本的には中華料理。特に四川料理が多いです。ご馳走三昧です!

ラサのホテルは西洋人も多く泊まるホテルだったので、朝食は中華料理と西洋料理、美味しいドリップコーヒーも飲めました。やっぱり、ホットしますね。

でも、反対にチベットに来ているのにチベット料理を食べるチャンスがなかなかありません。チベット料理は家で食べるもの、という感覚なのです。ちょっとナーバスな事情により、外国人がチベット人の家庭訪問をすることは原則としてできませんし・・・。

そこで私たちはチベット人が大好きなピクニックをしてみました。ピクニック場ではその場でとっても美味しい純粋チベット料理を作ってくれます。

ヤク肉とジャガイモの塩ゆで。ヤク肉は歯ごたえ200%。ジャガイモはとってもとっても美味しかったです。Yak meat and potato
ヤク肉の「モモ」。Yak meat Momo
チベットのすいとん「トゥクパ」。練った小麦粉を手のひらを使って子安貝の形に。次回は食べるだけでなく、ちょっとお料理に参加してみたいなぁと思いました。 Tukpa

本物のヤクのヨーグルト!偽物って何よ?と思うかも知れませんが、市内で売っているものは
混ぜ物が入っているかも知れませんからね。これは遊牧民に特注したものです。Yak yogurt
肝心のツァンパを食べ損なったことに気づき、ドライバーに持ってきてもらい、
最終日に空港近くのレストランで食べ方実演。はったい粉の懐かしい味です。
Tsanpa

チベットは観光化していて旅行はラクですがその分、せっかく行ったのに
チベット人の食べている美味しい料理を食べる機会もなく帰ってきてしまいます。
それはもったいない!と、心から思うのでした。

 

チベットの青いケシと世界遺産 ポタラ宮殿を見に行きませんか?

今年(2019年)の夏、チベットの青いケシを見に行きたいというリクエストをいただきました。
ちょうど私も去年の夏のチベットの旅で見た、青いケシ(メコノプシス・ラサエンシス)の清らかな空のような青い色に魅せられて、チベットの青いケシや花をゆっくり楽しむ旅をしたいなぁと思っていたところでした。

ガイドのハンさんによれば、時期的に終わっている可能性のある花も含めると8種類の青いケシが見られる可能性があるそうです。カンタンに見られる青いケシもあるし、中にはハンさん自身が見つけた貴重種もあり、今年も咲いていてくれたらラッキーですね。青いケシを語り出したら止まらないほど青いケシが好きなハンさんがガイドです。乞ご期待!

ところで、チベットというと、なんとなく怖いと思っている方がいらっしゃいますが、観光旅行はとても安全で快適です。高山病にならないために、今年の旅は有名なラサではなく、青いケシの咲く東チベットの林芝(3000m)から入ることにしました。

青いケシを見て短い日程で帰ることも考えましたが、悩んだ末、やっぱりチベットに行くからにはラサにも行き、世界遺産ポタラ宮殿も日程に入れました。チベット仏教の聖地中の聖地ジョカン寺もご案内します。とにかく圧倒的な仏教の歴史を感じられると思います。

この旅は少人数でも必ず行きたい、と私自身とても楽しみにしています。
私達はいつもゆったりスローな仲間なので、体力がちょっと心配、くらいな方でもちょうどよいかも知れません。一緒に行きませんか?ご連絡お待ちしています。
旅の詳細 ↓↓
http://yakland.jp/?page_id=2297

メコノプシス・プライニアナ

ヤナギラン

ポタラ宮殿

ブータン+チベット+アッサム 染織の旅報告書2018年版ができました

カラー70ページ 1部 700円

東ブータンの染織の盛んな村やチベットの旅のささやかな記録です。この地域に興味をお持ちの方や、旅をされる方のお役に立てれば嬉しいです。

1部700円でお分けしております。送料は部数にかかわらず一律100円(差額サービス)
メールでお申込(お名前、ご住所、お電話番号、部数)の上、郵便振替にてご送金くださ
い。ご送金後1週間程度でお送りさせていただきます。

送料:2019年2月20日までにお申込・ご送金いただいた場合無料。それ以降は実費
となります。

郵便振替口座番号 00180-1-34030 加入者名 ヤクランド

最高級の女性の衣装を織るゲンパカップ村

片面縫取織りの図解を試みてみました

ワイルドシルクミュージアムの檜山さんに手伝っていただき、今までの旅で撮影した「エリ蚕」のアルバムを作りました

トンサ村で藍染と泥染めを見せてもらいました

大好きなサクテン

ブロクパの帽子作り。以前見たときとちょっと違います。

チベットの高機。砂川康子さんによる図は貴重です!

杉山美和さんがチベットとブータンの衣装を採寸図で比較してくださいました。さすがプロです!

ブータンのラック染めの染織品、ラック養殖、染色方法をまとめました

ラック研究会の北川美穂さんに手伝っていただいてラックの一生をまとめました

「ブータン+インド・アッサム、メガラヤ州 染織の旅報告書2016年版」700円
「ブータン+北東インド染織の旅報告書2017年版」900円
「ブータンの染織紹介~旅で出会った布と人」1600円

もございます。
こちらをご覧ください。

来年のチベット、青いケシの旅 企画しました!

今年はチベットに2回も行かせていただきました。
なにしろ特殊な地域なので、
自分の中でどう考えたらいいんだろうと
しばらく時間がかかりましたが
そこを通りこしたとき、
チベットは1年に1回くらいは足を運び
ず~っと長くつきあっていきたいところになりました。
続きを読む

ラルン寺に行きます we will visit Ralung Monastery in Tibet

7月のチベットの旅は名所あり、自然あり、そしてゆったりと・・と、理想的な内容です(と自負しています)。
でも、陰のポイントはブータンのルーツでもあるラルン寺のお祭り見学です。

ラルン寺はドゥクパ・カギュ派の総本山。その後継者をめぐって争いが生じました。身の危険を感じたガワン・ナムゲルは、ラルン寺座主の正当な後継者の証である「ランジュンカルサパニ」(写真)を持ってヒマラヤの南に逃亡したのでした。その後、カリスマパワーを発揮、その地域を統一してできた国がブータンです。17世紀のことです。 続きを読む