アルナーチャル・プラデシュ」タグアーカイブ

旅の話-アルナーチャルの蕎麦と納豆 Buckwheat noodle and fermented soybeans in Arunachal Pradesh

アルナーチャル・プラデシュの旅のお話です。
ブータンのすぐ東隣のアルナーチャルでは、蕎麦と納豆をぜひ見たい、食べたいと思っていました。 One of my interests in Arnachal Pradesh was to see and eat the buckwheat noodle and fermented soybeans.  We could try it at local house in Temban village and surprisingly it was very similar to the buckwheat noodle in Bumthang, Bhutan.

ガイドを通じて地元の人に聞きまわっていたときに、水野一晴先生の「神秘の大地、アルナチャル」(昭和堂)の該当ページのコピーを見せて、現地語で伝えられたのが役にたちました。

ず~っと言い続けて、やっと旅の最後のほうで、ユネスコ世界文化遺産の暫定リストに登録されているというテンバン村の民家(ホームステイの経営をしている家)で、念願の「納豆入りチリソースをかけた蕎麦」を食べさせてもらいました。

私たちがごちそうになったのは、手で作った太い麺です。
ふつうはこのような道具を使って作るそうです。
ブータンのブムタンの「プッタ・シン」(プッタ=麺にした蕎麦、シン=木または木で作った道具)にそっくりです!!
ちなみに、テンバン村では「チル・シン」(チル=押し出す)と言うそうです。
麺にした蕎麦のことは、プタンというので、言葉までブータンと同じです!

蕎麦作り道具 ブータンとそっくり

こうして押し出して蕎麦を麺にする、という説明

蕎麦作り道具を上から見たところ

粉唐辛子を溶いたソースには、かすかに納豆の匂いがしますが、言われないとわからないくらい。臭くはなかったです。
こちらがその納豆。まだ発酵がそれほど進んでいない状態のものに塩や香辛料を加えて潰したもののようです。薄く切って食べたらおいしかった。軽く炙って食べたらビールに合いそう。

納豆

その後、ボムディラの町の市場で、野球ボールくらいの球状の納豆を見ました。横山智先生の「納豆の起源」(NHK BOOKS)で、息子さんに写真を見せたら「象のウンコ」と表現した、という話はこのことでしょう。ビニールの外側からそっと触ると柔らかかったです。

市場で見た納豆(丸い玉)

蕎麦と納豆、そしてチーズ(チーズの話はまた後ほど・・・)。ブータンとのつながりを実感した旅でした。

 

旅の話-アルナーチャルのホテル、きれいさっぱり(?)Hotels in Arnachal Pradesh

4月のアルナーチャル・プラデシュの旅のホテル事情について書いておこうと思います。

行く前に、現地の旅行手配会社に「タオルはあるか?」「シャワーはあるか?」など問い合わせたところ、タオルがあるという保証はできない、シャワーがない部屋にはバケツにお湯を供給する、と言われていたので、覚悟していった。
そう、必要なのはホテルの設備ではなく、心構えです!ですから、毎日とても快適でした(^_^)

We were advised by the local tour company that hotels in Arnachal Pradesh may not have towels, hot shower in the rooms so we must be ready to face inconvenience. We were fully equipped beforehand, everything was fine !

旅行した地域

私たちがアルナーチャル・プラデシュ州の中で泊まったのは、タワン、ディラン、ボムディラの3カ所。多かれ少なかれ同じようなホテルでした。まとめると、

In Tawang, Dirang, Bomdila, hotels are more or less same. No Wi-Fi, often black out, no boiler and tea, no lift to 5th floor, no morning call service etc….  but so happy to have hot water in a bucket every day.

1)Wi-Fiはない
2)バスタブやない。シャワーのお湯はでた!!(すご~い!)。部屋によっては、シャワーはついていなかったが、バケツ1杯は十分にお湯がでた。
3)バスタオルはあった。フェイスタオルはない。もちろんドライヤーはない。
4)ときどき停電する。
5)湯沸かしポットやコーヒー・紅茶セットは、ほとんどついていない。
6)同じホテルでも部屋の差が大きい。くじ引き、じゃんけんで決めよう!
7)エレベーターはなく、部屋は5階くらいまである。
8)荷物は部屋まで運んでくれるけど、従業員が少ないのでガイドも運んでくれた。
9)モーニングコールは頼むだけムダなので自分で起きる。
10)食事はインド料理(あまり本格的ではないけれど)

ボムディラのホテル。左上にギザ(湯沸かし器)。シャワーで床が濡れるのでゴム草履必携

ボムディラのホテル

そして、覚えておかなくてはいけないのは、基本的にお酒類はレストランにおいていない。アルナーチャル(少なくとも私たちが行ったあたりでは)、ビールは自分でお店で買ってくる、と心得たほうがよい。親切なので、冷蔵庫に入れておいてくれるし、グラスも使わせてくれる。一度など、たった3時間くらいのうちにビールがシャーベット状に凍ってしまった。凍ったビールの栓を抜くと、泡がうまく抜けないのでシャーベット状態でニョロニョロって盛り上がってくる!大笑いでした。
If you want to drink beer, you must buy it by yourself from the market. They are kind enough to keep it in the refrigerator and even allow you to use their glasses. But be careful, within three hours, the beer can get frozen like sherbet !

そういう事情なのですが、まったくイライラしなかったのは、たぶんアルナーチャル・プラデシュという場所が、そもそも観光客があまりくるようなところではないからだと思います。従業員がサボっているわけじゃなくて、これが普通、という感じ。むしろ、何かとっても気持ちのよいものを感じました。自分が身につけてしまった常識の垢を清めてくれるような・・。

Indeed, I felt comfortable and peaceful in those hotels.  I guess , in my life, I have too much things which may be not really necessary to me.

ホテルの従業員は州外から出稼ぎに来ている人が多かったです。地元の人は、あまりこういう仕事をしたがらないのかもしれません。ディランには小さいホテルのような「ホームステイ」がありました。次回はこういう宿に泊まって、地元のお料理を食べたり、地元の人とお話したりしたいと思いました。

There are nice home-stay or small guest houses run by a family. If I ever get a chance to visit Arunachal Pradesh, I would like to stay there having home cooking and chat with family.

染織見学に行った民家。左側にホームステイの建物(ディラン)

アルナーチャル・プラデシュ(北東インド)でSIMが使えた

アルナーチャル・プラデシュは通信事情が悪いと聞き、
検索したサイト(英語)でデリーで買ったSIMが北東インドで使えなくなったとあり、
自身の経験で、日本で購入したインド対応SIMがアッサムで使えなくなったことから
きっと国境地帯なので使えないのだろう、と思っていた。
会社によるようだが、airtelのSIM(500ルピー)をアルナーチャルに到着後に買ってみたら
カンタンにつながった。
デリーの空港で買うとアクティベートに時間がかかり、手続きも少々あるが、
町の店で買ったものは、何の手続きもなく、ただSIMフリーのスマホにSIMを入れるだけだった。
アルナーチャルもタワンまで行くと、テキストメールは大丈夫だったが
画像のダウンロードには時間がかかり、動画はアウトだった。
情報がなくて苦労したのでブログに書きました。