旅の話 ディラン・モンパのカラフルなパンデン Dirang Monpa`s colorful Pandeng

北東インド・アルナーチャル・プラデシュ州の旅の目的のひとつは
ブータンのサクテンやメラに住むブロクパ族と呼ばれる人たちと
同じ民族衣装を着ている人たちに会うことだった。
Not many Monpas in Arunachal Pradesh wear their traditional dress daily in these days except elders. We were lucky to be there on the local festival day when many ladies gathered at the monastery in their colorful dress.

ディランではもう日常的に民族衣装を着る人はとても少なくなったというが
とても幸運なことに、私たちが滞在した日は村祭りだった。

大人から子供まで重い経典を背中に担ぎ、行列を作って村々を歩く。
綺麗な民族衣装を着ている女性たちもたくさんいた。

話に聞いていたとおり、ブータンのサクテンの人たちと同じだ!
でも、ちょっと違う。
一番目立ったのは、腰当ての布。
赤や黒の無地もあるけれど、圧倒的にカラフルな縞模様が多い。
チベットのエンプロン(パンデン)をそのまま後ろに着けたような感じ。
そしてまさに「パンデン」と呼ぶそうだ。

どんなきっかけで流行ったのだろう。
民族衣装のパーツは、ときどき、ぽろっと外からのものを取り入れてしまうのだなぁ・・。

チベットからパンデンが入ってきているとは思えないし・・・と不思議に思っていたら
町の織物工房で織りかけのパンデンを見せてくれた。
機そのものは分解して(?)見せられないと言われたが
チベットの機と同じものを使っているらしい。
ディランで織っていたんだ・・。

ちなみに、こちらはチベットで撮影した写真。
ガイドのパチュさんがチベット服を着てくれました。
チベットの空気の中で見るカラフルな縞模様は本当に綺麗なのです!

そしてこちらはブータンのサクテンの人たち。
腰当ての色はみんな黒です。メケムと呼びます。
同じ衣装だけど、やっぱり違う。両方の人たちと会えて実感できました。

アカネを植えてみた Japanese madder plant

ブータンのアカネは根っこじゃなくてツル全部から色素がでます、とか、そういう話をいろんなところでしているけれど、日本のアカネをちゃんと見たことがない私。これはマズイでしょう!!
I have chances to talk about Bhutanese madder , plant and dye, but I don’t know Japanese madder. I must know it !!  It is there growing wild near my house.  I planted wild madder in my garden.

山に住んでいるので、アカネは雑草。草刈りのボランティアのおじさんがくる前に、アカネをもらいに行きました。

こんなところに住んでいま~す。道ばたにアカネが生えていました。

雨上がりで土も軟らかいはず・・と思いきや、なかなか大変。根っこはたしかに赤みがありました。

畑に植えてみたけれど、増えるかな。。。。元気に育ってね。
いっぱい増えたら染色ワークショップできるかな!!?

旅の話-アルナーチャルの蕎麦と納豆 Buckwheat noodle and fermented soybeans in Arunachal Pradesh

アルナーチャル・プラデシュの旅のお話です。
ブータンのすぐ東隣のアルナーチャルでは、蕎麦と納豆をぜひ見たい、食べたいと思っていました。 One of my interests in Arnachal Pradesh was to see and eat the buckwheat noodle and fermented soybeans.  We could try it at local house in Temban village and surprisingly it was very similar to the buckwheat noodle in Bumthang, Bhutan.

ガイドを通じて地元の人に聞きまわっていたときに、水野一晴先生の「神秘の大地、アルナチャル」(昭和堂)の該当ページのコピーを見せて、現地語で伝えられたのが役にたちました。

ず~っと言い続けて、やっと旅の最後のほうで、ユネスコ世界文化遺産の暫定リストに登録されているというテンバン村の民家(ホームステイの経営をしている家)で、念願の「納豆入りチリソースをかけた蕎麦」を食べさせてもらいました。

私たちがごちそうになったのは、手で作った太い麺です。
ふつうはこのような道具を使って作るそうです。
ブータンのブムタンの「プッタ・シン」(プッタ=麺にした蕎麦、シン=木または木で作った道具)にそっくりです!!
ちなみに、テンバン村では「チル・シン」(チル=押し出す)と言うそうです。
麺にした蕎麦のことは、プタンというので、言葉までブータンと同じです!

蕎麦作り道具 ブータンとそっくり

こうして押し出して蕎麦を麺にする、という説明

蕎麦作り道具を上から見たところ

粉唐辛子を溶いたソースには、かすかに納豆の匂いがしますが、言われないとわからないくらい。臭くはなかったです。
こちらがその納豆。まだ発酵がそれほど進んでいない状態のものに塩や香辛料を加えて潰したもののようです。薄く切って食べたらおいしかった。軽く炙って食べたらビールに合いそう。

納豆

その後、ボムディラの町の市場で、野球ボールくらいの球状の納豆を見ました。横山智先生の「納豆の起源」(NHK BOOKS)で、息子さんに写真を見せたら「象のウンコ」と表現した、という話はこのことでしょう。ビニールの外側からそっと触ると柔らかかったです。

市場で見た納豆(丸い玉)

蕎麦と納豆、そしてチーズ(チーズの話はまた後ほど・・・)。ブータンとのつながりを実感した旅でした。

 

ブータンの織り、練習中~やってみたら難しい!! Weaving challange

ータンの織りはもう何年も見ているのですが
自分にはできない、と思っていたんです。
でも、去年の3月の旅でゲンパカップ村に行ったときに
小学2年生の織った布を見て、心を入れ替えて、難しく考えずに織ってみよう!と思ったわけです。

After seeing a textile woven by class 2 girl in the remote village in Bhutan, I decided to practice Bhutanese weaving by myself. Now I picked up a ” small and simple motif ” for my lesson but as I start weaving, I realized this motif requires a bit hard technique .

>>>東ブータンの旅のアルバム

名人のジャンベさんに途中まで織ってもらいました(上の写真)
続きを織るのが私の宿題です。
練習用の機で一番左側の「簡単そう」な模様を織ってみることにしました。

ところが、簡単そうに見えて、実はちょっと難易度の高い技が必要、と、後から気がつきました。

2本1組になっている経糸をすくって模様糸を入れていきます。
これは慣れればできる。

2本1組の経糸をすくって模様糸を入れ込む(通常のケース)

ところが、この方法、まっすぐ上にはいかないんです。
2本1組が、交互にずれているので。
で、どうするか、というと、2本と2本の間に隠れている糸を
下から無理矢理すくいあげるのです!

2本1組の糸がないときには(真上直線を描くとき)下に落ちている1本をすくってくる。

下に落ちている糸は見えにくいし、模様糸を入れるのもちょっと大変。
ふうふう言いながら、2日間で8つ同じ模様を織りました。
まだ慣れたとは言えないなぁ。

2日間かけて8個同じ模様を織りました

織りながら思ったことは、2年か3年後にジャンベさんに来日してもらうこと。
それまでに、それを目標に、たくさんの人に呼びかけてブータンの織りを練習して
ジャンベさんに1日特別レッスンしてもらうこと。
少しできるようになると、ブータン人の技のすごさがわかるから
きっとすごく感動すると思う。
そんなことが実現できないかなぁ・・・。

旅の話-アルナーチャルのホテル、きれいさっぱり(?)Hotels in Arnachal Pradesh

4月のアルナーチャル・プラデシュの旅のホテル事情について書いておこうと思います。

行く前に、現地の旅行手配会社に「タオルはあるか?」「シャワーはあるか?」など問い合わせたところ、タオルがあるという保証はできない、シャワーがない部屋にはバケツにお湯を供給する、と言われていたので、覚悟していった。
そう、必要なのはホテルの設備ではなく、心構えです!ですから、毎日とても快適でした(^_^)

We were advised by the local tour company that hotels in Arnachal Pradesh may not have towels, hot shower in the rooms so we must be ready to face inconvenience. We were fully equipped beforehand, everything was fine !

旅行した地域

私たちがアルナーチャル・プラデシュ州の中で泊まったのは、タワン、ディラン、ボムディラの3カ所。多かれ少なかれ同じようなホテルでした。まとめると、

In Tawang, Dirang, Bomdila, hotels are more or less same. No Wi-Fi, often black out, no boiler and tea, no lift to 5th floor, no morning call service etc….  but so happy to have hot water in a bucket every day.

1)Wi-Fiはない
2)バスタブやない。シャワーのお湯はでた!!(すご~い!)。部屋によっては、シャワーはついていなかったが、バケツ1杯は十分にお湯がでた。
3)バスタオルはあった。フェイスタオルはない。もちろんドライヤーはない。
4)ときどき停電する。
5)湯沸かしポットやコーヒー・紅茶セットは、ほとんどついていない。
6)同じホテルでも部屋の差が大きい。くじ引き、じゃんけんで決めよう!
7)エレベーターはなく、部屋は5階くらいまである。
8)荷物は部屋まで運んでくれるけど、従業員が少ないのでガイドも運んでくれた。
9)モーニングコールは頼むだけムダなので自分で起きる。
10)食事はインド料理(あまり本格的ではないけれど)

ボムディラのホテル。左上にギザ(湯沸かし器)。シャワーで床が濡れるのでゴム草履必携

ボムディラのホテル

そして、覚えておかなくてはいけないのは、基本的にお酒類はレストランにおいていない。アルナーチャル(少なくとも私たちが行ったあたりでは)、ビールは自分でお店で買ってくる、と心得たほうがよい。親切なので、冷蔵庫に入れておいてくれるし、グラスも使わせてくれる。一度など、たった3時間くらいのうちにビールがシャーベット状に凍ってしまった。凍ったビールの栓を抜くと、泡がうまく抜けないのでシャーベット状態でニョロニョロって盛り上がってくる!大笑いでした。
If you want to drink beer, you must buy it by yourself from the market. They are kind enough to keep it in the refrigerator and even allow you to use their glasses. But be careful, within three hours, the beer can get frozen like sherbet !

そういう事情なのですが、まったくイライラしなかったのは、たぶんアルナーチャル・プラデシュという場所が、そもそも観光客があまりくるようなところではないからだと思います。従業員がサボっているわけじゃなくて、これが普通、という感じ。むしろ、何かとっても気持ちのよいものを感じました。自分が身につけてしまった常識の垢を清めてくれるような・・。

Indeed, I felt comfortable and peaceful in those hotels.  I guess , in my life, I have too much things which may be not really necessary to me.

ホテルの従業員は州外から出稼ぎに来ている人が多かったです。地元の人は、あまりこういう仕事をしたがらないのかもしれません。ディランには小さいホテルのような「ホームステイ」がありました。次回はこういう宿に泊まって、地元のお料理を食べたり、地元の人とお話したりしたいと思いました。

There are nice home-stay or small guest houses run by a family. If I ever get a chance to visit Arunachal Pradesh, I would like to stay there having home cooking and chat with family.

染織見学に行った民家。左側にホームステイの建物(ディラン)

アルナーチャル・プラデシュ(北東インド)でSIMが使えた

アルナーチャル・プラデシュは通信事情が悪いと聞き、
検索したサイト(英語)でデリーで買ったSIMが北東インドで使えなくなったとあり、
自身の経験で、日本で購入したインド対応SIMがアッサムで使えなくなったことから
きっと国境地帯なので使えないのだろう、と思っていた。
会社によるようだが、airtelのSIM(500ルピー)をアルナーチャルに到着後に買ってみたら
カンタンにつながった。
デリーの空港で買うとアクティベートに時間がかかり、手続きも少々あるが、
町の店で買ったものは、何の手続きもなく、ただSIMフリーのスマホにSIMを入れるだけだった。
アルナーチャルもタワンまで行くと、テキストメールは大丈夫だったが
画像のダウンロードには時間がかかり、動画はアウトだった。
情報がなくて苦労したのでブログに書きました。

ブータンの蕎麦、乾麺を料理してみました Bhutanese buckwheat noodle

ブータンのブムタン地方の郷土料理、プッタ(蕎麦)の乾麺があると聞き、3月の旅でさっそく購入してきました。
Bhutanese buckwheat noodle “Puta”  is now available in a convenient packet.  Cooked like with some scrambled egg, green leek,  chilli, pepper, and salt like Bhutanese traditional way, it was pretty good and tasty.
蕎麦なんて米がとれない地方の食べ物だと言われていたのに、健康ブームで脚光を浴びるのは日本と同じですね。

パッケージもいい感じ。裏側にはレシピもちゃんと書いてあります。

作り方が丁寧に書いてあります。ゆで時間はもう少し長い方がいいみた。私は7分茹でました。

茹でて水にさらしてから、それを好みの野菜やスクランブルエッグ、調味料で味をつける「焼きそば」です。レシピにはゆで時間は約2分とありますが、少しずつ食べてみながら時間を計ったら7分かかりました。

私はブムタンっぽく、シンプルにニラと卵、味付けは塩、山椒、トウガラシ粉でやってみました。ニラがよく合います。トウガラシはほどほどに。山椒をしっかり効かせて。

ニラ、山椒を入れるのが私のお気に入り

日本風につゆでも食べてみましたが、悪くないけど、ちょっと合わないなぁ。

クセがなく、しっかりした麺なので、いろんな食べ方ができると思います。
でもニラはやっぱりオススメですよ!

次回ティータイム(6/29)は「ブータンの土の家」

ティータイムでブータンの建築についてお話してくださる方をずっと探していましたが、このたび素晴らしいご縁をいただきブータンの民家の調査をされた佐藤桂さん(文化財保存計画協会特任研究員)に講演していただけることになりました。
↓↓
http://yakland.jp/?page_id=2285

打合せで佐藤さんと初めてお会いし、ブータンの家の造り方、とくに「版築」という土を突き固めて壁を造るお話をお聞きしながら、補強するための知恵、古い家と今の家を比べると突き固める度合いが違うこと、その理由など、とても興味深く夢中になってしまいました。
土を突き固めるのは女性たち、と言われると、なるほど今まで撮った写真はみんな女性が働いています。女性たちが壁を造りながら歌っている動画も見せてくださるそうです。
建築の知識がなくても「なるほど~」と感動ポイント満載の佐藤さんのお話、ぜひぜひ沢山の方にお聞きいただきたいです。

前座では久保がブータン各地で撮影した家に関係する写真をご用意します。専門家の佐藤さんと一緒に全員で意見や感想を出し合えたら何か面白い発見があるかも知れない、とワクワクしています。
ヤクランドの旅では田舎に行ってふつうの家を訪問する機会が多いのですが、もし少しだけ「家を見る目」があったら、きっとブータンの旅がずっと豊かになるだろうな、と思っています。それに、ブータンの家のことに興味をもつことで、今まで意識していなかった私達の日本の家の素晴らしさに気づくことができたら、どんなに楽しいでしょう。

席に限りがありますのでどうぞお早めにお申込ください。

お気に入りロベサ・ホテル My favorite Lobesa Hotel Bhutan

3月の旅でロベサ(プナカの近く)で泊まったホテル、今のブータンにこんないいホテルがあったんだぁ、と感動しました。今までに何度か泊まったことのあるホテルですが、眺めが見えない部屋だったから印象が違ったのかも知れません。
It was wonderful two days stay at Lobesa hotel, feeling full of warm hospitality and true traditional culture.

リセプション。このホテルには、近くの農家から集められた民具などが豊富に飾られています。外国人向けの装飾ではなく、地味な生活用品など本物の民具ばかり。博物館の中にいるようです。


スタッフの女の子たちは本当に働き者です。サービスがとてもよく笑顔で気持ちよく接してくれました。今時珍しいフルキラをキチンと着ていて、清楚で美しいです。
後ろの布やアティークな仏画も気になりますね!
松ぼっくりの飾り。竹ワッパとのコンビネーション。トイレも美術館。
入口付近にも古い道具が。これは「くけ台」です。
民具ファンにはたまらないものがいっぱい!   
今回は別館の部屋に泊めてもらいました。プナカの田んぼの眺めが素晴らしい。
早朝の写真。目の前に大きなデイゴの木があり、花が咲いています。
デイゴの花の蜜を吸いに、たくさんのシリアカヒヨドリが集まっていました。
日本のヒヨドリほどうるさくなく、いいモーニングコールです。
お尻、真っ赤かです!
本館の外観   
木の部屋。落ち着きます。
シャワーのお湯も出ました。Wi-Fi-のパスワード。make a wish いいですね

ドアのノブが壊れていて、ドアの木が季節によって膨張するから難しいとか。
そういうところはブータンなのでちょっとありますが、温かい素朴なおもてなしがとても嬉しく、またぜひ泊まりたいホテルになりました。