東ブータン・竹細工と織物の旅(計画中)

東ブータン 竹細工のカンパラ訪問の旅(計画中)

2019年8月17日(土)~25日(日)に東ブータンのカンパラ(Kanpala)地区のペイドゥン(Paydung)村に行く旅を企画中です。
カンパラは、「カンパラ・バンチュン」と言われるくらい、バンチュン(竹のお弁当箱)で有名です。他にも作っているところはありますが、クオリティーが高いのはやっぱりカンパラです。

ガイドのキプチュさんが下見に行って写真を撮ってきてくれました。


Google maps  カンパラの位置。カンパラという広い地域の中で竹細工が盛んなのはペイドゥン村

やっぱり急斜面の村ですねぇ。村まで車道が通じているそうです。ただ、ブータンのことなので、もし大雨で土砂崩れがあると通行止めになるリスクはあります。


バンチュン作りに使う細い竹です

竹ひご。色は化学染料を使っているそうです。

食料や食器、何でも入る大きな籠(左)と、それを編んでいる途中のもの

竹のお弁当箱バンチュン。竹職人の家にホームステイします。家の奥さん

この家です。

メチャクチャいい感じ!!トイレは共同。シャワーはバケツ対応かな。大部屋2部屋に合宿です。

奥さんは機織りもされるそうです。

      バッグ用の布。この織り方教わりたいです!

カンパラ(ペドゥン村)に3泊し、その後、オーリン村に1泊します。
オーリン村では今も多くの女性たちが日常的に機織りをしています。

道路も悪く、農家泊、ミステリーツアー的要素の多い旅です。
どのような環境でも大丈夫な方、ぜひご一緒に!