コルカタ~ディマプール ナガランド染織の旅2017


2017年3月24日(金)いよいよナガランドの旅の始まり。。。成田からバンコクを経由して深夜コルカタ到着。荷物が出るのが遅く、25日(土)の朝3時頃ホテルにチェックイン。寝る時間はほとんどないけど、無事に到着できてひと安心。


コルカタのホテル Hotel Hindustan International

きれいなお部屋です。でもほとんど眠る時間がない・・・。


2017年3月25日(土)
朝、ホテル前の歩道上には朝食とチャイの屋台がオープン。小さい紙コップ1杯のチャイ5Rs.美味しかった。

コルカタ空港国内線ゲートのスナック。チョコレートモモ・・・美味しいんだろうか・・・

ナガランド唯一の平地の都市ディマプールへ。ほとんどのツアーでは、このあとすぐにコノマに移動してしまうようだが、近くのディゼフェ村の織りを見るために今日はディマプールに泊まる。この写真はディゼフェの村の農家。

村の人が組織したNGO活動のひとつ、木工工房。ナガのお皿は脚つき。

ショールを織る人。仕組みはブータンと同じ。模様の入れ方がちょっと違った。

ハンモックと思っているのかしら・・・

ナガランドの文化を体験できる宿も見せてもらいました。トイレは共同なので贅沢はできませんが、静かな村で泊まるのもよさそう。次回は利用させてもらいたいです。

NGOのオフィス。作品の販売、織りの実演も。季節や時間があえば、綿の糸紡ぎも見られるそうです。

整経を見せていただきました。本で見たときには、ブータンと同じと思っていましたが、ちょっと違う。やっぱり、本物を見るって大事ですね!

ディマプールの町中のHotel Saramati 。政府系のホテルでサービスはとてもさっぱりしていましたが、お湯も出たし、文句ナシ。でも蚊がでた部屋もあったので、念のため香取線香は少しあったほうがよいかも・・。


コルカタ~ディマプール ナガランド染織の旅2017」への3,385件のフィードバック