グァテマラの衣装が届きました「ブータン+グァテマラ 旅と織りの会」 

来週の「ブータン+グァテマラ 旅と織りの会」、大嶋夕子さんから展示用のグァテマラの衣装が届きました。この迫力と美しさをどう表現したらいいんでしょう、ゾクゾクします。

いつ連れ去られて殺されてしまうか分からないような恐怖の中で村人が生きていた紛争下のグァテマラで、その村の人が自分の着ていたウィピルを脱いで買ってくれ、と言われて言い値で買った衣装たち、埃だらけだったものを大嶋さんが丁寧に風を通して埃を払い輝きを取り戻しています。

その頃のグァテマラのマヤの女性たちは、みんな民族衣装を着ていたそうです。写真を撮られることを極度に恐れていた村の人にはカメラを向けられず、同行してくれた息子さんの記念写真を撮影するふりをして撮った写真も来週のお話会で見せていただきます。

展示は1/21(火)から1/25(土)までご覧いただけます。大嶋さんのお話は、1/22(水)と1/23(木)。まだ若干残席ございますので、ぜひお越しください。

http://yakland.jp/?page_id=3036