旅日記(番外編)tour report」カテゴリーアーカイブ

ブータンの歌と踊り 来年はオリジナルプログラム

毎年6月恒例の、ブータン「染織・暮らし・青いケシ」の旅に行ってきました。
今年も素晴らしいメンバーで最高に楽しい旅となりました。

初めてブータンに行く方のために、来年も同じツアーを企画中です。
1つだけ、「よし!変えよう!」と思ったことは
最終日に見せてもらう、ブータン伝統の歌と踊りのショーです。

いくつかある舞踊団の中で、クオリティーの高いプンツォ・ルヤンに
ホテルに来てもらって貸し切りで演じてもらっています。
みなさん、とても楽しんでくださるのですが
私はいつも心の中で葛藤を感じていました。

ブータンマニアは別として多くの方にとっては
わかりやすくていいのですが
楽器の種類も少ないし、遊牧民の歌のときの衣装は
ホンモノとはかなり違います。
でも、ホンモノを用意するのは無理だし、
ホンモノは華やかな舞台衣装には適していないので
それは仕方がないことです。

余計なことは言ってはイケナイと自戒していましたが
一生懸命楽しまれている旅のメンバーの皆さんを見て
これでいいんだろうか・・・・・と再び悩んでしまいました。

それはそれとして、文句言わずに、私たちのツアーだけオリジナルプログラムでやってもらおう!
まず、楽器はブータンのすべての楽器を用意してもらい、少しずつ演奏、音色や演奏の方法を見せてもらいます。

歌は、ノリのいいものだけでなく、ブータンの古典である「シュンダ」(ゆっくりしたメロディー)と、「ベダ」(チベットの影響を受けたテンポのよいメロディー)を披露。女性が複数で歌うシュンダは倍音が出てゾクゾクします。

仮面舞踊は、お面のどこにのぞき穴があるか、とか、そんなポイントも面白いでしょう。
とにかくあの跳躍力は素晴らしい。

そして、最後に一緒に踊るお祈りの踊りは、最近はやりの簡単なものではなくて
外国人には難しいだろうとはずされてしまった???昔の「タシレベ」をやってもらいたい。
一人がリードで歌って、全員がハモるところ、すごく厳かです。

来年は「織物・暮らし・青いケシ+音楽」の旅です!

 

旅の話 アルナーチャル、ウェアラブル・チェア Arunachal Brokpa’s wearable chair

4月のアルナーチャル・プラデシュ州の旅では、ディランから日帰りでブータンに近いブロクパ族の村を訪ねました。
国境を挟んでブロクパたちはブータンにもアルナーチャルにも住んでいたんですね!
一軒の家を訪ね、いろいろな生活道具を見せてもらいましたが、鈎のついた小さい椅子が印象的でした。 We visited a Brokpa’s village in Arunachal Pradesh which located close to Bhutan border.  I liked their small  wooden chair with a hook.

ヤクの乳搾りをするときに使う椅子なのだそうです。
鈎を服のベルトにひっかけて椅子を吊すと両手が空きます。
Hang the chair on the back so both hands are free. It is convenient for milking yak.

そのままちょうど良い具合に座れます。仕事が終わったら立ち上がって両手でミルクの入った桶を持っていけますね。よくできていて安定もよいです。

この家を訪ねました。冬の集落です。もうほとんどの家はヤクを連れて放牧に出ていました。
The house we visited.

村には数頭のヤクがいました。きっと放牧地にはいっぱいいるんだろうなぁ。
でもまだ草はそんなに大きくないので、ヤクたちはお腹いっぱいには食べていないかも知れません。夏の牧草地で、この椅子を使って乳搾りをするのをいつか見に行きたいと思いました。

旅の話 ディラン・モンパのカラフルなパンデン Dirang Monpa`s colorful Pandeng

北東インド・アルナーチャル・プラデシュ州の旅の目的のひとつは
ブータンのサクテンやメラに住むブロクパ族と呼ばれる人たちと
同じ民族衣装を着ている人たちに会うことだった。
Not many Monpas in Arunachal Pradesh wear their traditional dress daily in these days except elders. We were lucky to be there on the local festival day when many ladies gathered at the monastery in their colorful dress.

ディランではもう日常的に民族衣装を着る人はとても少なくなったというが
とても幸運なことに、私たちが滞在した日は村祭りだった。

大人から子供まで重い経典を背中に担ぎ、行列を作って村々を歩く。
綺麗な民族衣装を着ている女性たちもたくさんいた。

話に聞いていたとおり、ブータンのサクテンの人たちと同じだ!
でも、ちょっと違う。
一番目立ったのは、腰当ての布。
赤や黒の無地もあるけれど、圧倒的にカラフルな縞模様が多い。
チベットのエンプロン(パンデン)をそのまま後ろに着けたような感じ。
そしてまさに「パンデン」と呼ぶそうだ。

どんなきっかけで流行ったのだろう。
民族衣装のパーツは、ときどき、ぽろっと外からのものを取り入れてしまうのだなぁ・・。

チベットからパンデンが入ってきているとは思えないし・・・と不思議に思っていたら
町の織物工房で織りかけのパンデンを見せてくれた。
機そのものは分解して(?)見せられないと言われたが
チベットの機と同じものを使っているらしい。
ディランで織っていたんだ・・。

ちなみに、こちらはチベットで撮影した写真。
ガイドのパチュさんがチベット服を着てくれました。
チベットの空気の中で見るカラフルな縞模様は本当に綺麗なのです!

そしてこちらはブータンのサクテンの人たち。
腰当ての色はみんな黒です。メケムと呼びます。
同じ衣装だけど、やっぱり違う。両方の人たちと会えて実感できました。

旅の話-アルナーチャルの蕎麦と納豆 Buckwheat noodle and fermented soybeans in Arunachal Pradesh

アルナーチャル・プラデシュの旅のお話です。
ブータンのすぐ東隣のアルナーチャルでは、蕎麦と納豆をぜひ見たい、食べたいと思っていました。 One of my interests in Arnachal Pradesh was to see and eat the buckwheat noodle and fermented soybeans.  We could try it at local house in Temban village and surprisingly it was very similar to the buckwheat noodle in Bumthang, Bhutan.

ガイドを通じて地元の人に聞きまわっていたときに、水野一晴先生の「神秘の大地、アルナチャル」(昭和堂)の該当ページのコピーを見せて、現地語で伝えられたのが役にたちました。

ず~っと言い続けて、やっと旅の最後のほうで、ユネスコ世界文化遺産の暫定リストに登録されているというテンバン村の民家(ホームステイの経営をしている家)で、念願の「納豆入りチリソースをかけた蕎麦」を食べさせてもらいました。

私たちがごちそうになったのは、手で作った太い麺です。
ふつうはこのような道具を使って作るそうです。
ブータンのブムタンの「プッタ・シン」(プッタ=麺にした蕎麦、シン=木または木で作った道具)にそっくりです!!
ちなみに、テンバン村では「チル・シン」(チル=押し出す)と言うそうです。
麺にした蕎麦のことは、プタンというので、言葉までブータンと同じです!

蕎麦作り道具 ブータンとそっくり

こうして押し出して蕎麦を麺にする、という説明

蕎麦作り道具を上から見たところ

粉唐辛子を溶いたソースには、かすかに納豆の匂いがしますが、言われないとわからないくらい。臭くはなかったです。
こちらがその納豆。まだ発酵がそれほど進んでいない状態のものに塩や香辛料を加えて潰したもののようです。薄く切って食べたらおいしかった。軽く炙って食べたらビールに合いそう。

納豆

その後、ボムディラの町の市場で、野球ボールくらいの球状の納豆を見ました。横山智先生の「納豆の起源」(NHK BOOKS)で、息子さんに写真を見せたら「象のウンコ」と表現した、という話はこのことでしょう。ビニールの外側からそっと触ると柔らかかったです。

市場で見た納豆(丸い玉)

蕎麦と納豆、そしてチーズ(チーズの話はまた後ほど・・・)。ブータンとのつながりを実感した旅でした。

 

旅の話-アルナーチャルのホテル、きれいさっぱり(?)Hotels in Arnachal Pradesh

4月のアルナーチャル・プラデシュの旅のホテル事情について書いておこうと思います。

行く前に、現地の旅行手配会社に「タオルはあるか?」「シャワーはあるか?」など問い合わせたところ、タオルがあるという保証はできない、シャワーがない部屋にはバケツにお湯を供給する、と言われていたので、覚悟していった。
そう、必要なのはホテルの設備ではなく、心構えです!ですから、毎日とても快適でした(^_^)

We were advised by the local tour company that hotels in Arnachal Pradesh may not have towels, hot shower in the rooms so we must be ready to face inconvenience. We were fully equipped beforehand, everything was fine !

旅行した地域

私たちがアルナーチャル・プラデシュ州の中で泊まったのは、タワン、ディラン、ボムディラの3カ所。多かれ少なかれ同じようなホテルでした。まとめると、

In Tawang, Dirang, Bomdila, hotels are more or less same. No Wi-Fi, often black out, no boiler and tea, no lift to 5th floor, no morning call service etc….  but so happy to have hot water in a bucket every day.

1)Wi-Fiはない
2)バスタブやない。シャワーのお湯はでた!!(すご~い!)。部屋によっては、シャワーはついていなかったが、バケツ1杯は十分にお湯がでた。
3)バスタオルはあった。フェイスタオルはない。もちろんドライヤーはない。
4)ときどき停電する。
5)湯沸かしポットやコーヒー・紅茶セットは、ほとんどついていない。
6)同じホテルでも部屋の差が大きい。くじ引き、じゃんけんで決めよう!
7)エレベーターはなく、部屋は5階くらいまである。
8)荷物は部屋まで運んでくれるけど、従業員が少ないのでガイドも運んでくれた。
9)モーニングコールは頼むだけムダなので自分で起きる。
10)食事はインド料理(あまり本格的ではないけれど)

ボムディラのホテル。左上にギザ(湯沸かし器)。シャワーで床が濡れるのでゴム草履必携

ボムディラのホテル

そして、覚えておかなくてはいけないのは、基本的にお酒類はレストランにおいていない。アルナーチャル(少なくとも私たちが行ったあたりでは)、ビールは自分でお店で買ってくる、と心得たほうがよい。親切なので、冷蔵庫に入れておいてくれるし、グラスも使わせてくれる。一度など、たった3時間くらいのうちにビールがシャーベット状に凍ってしまった。凍ったビールの栓を抜くと、泡がうまく抜けないのでシャーベット状態でニョロニョロって盛り上がってくる!大笑いでした。
If you want to drink beer, you must buy it by yourself from the market. They are kind enough to keep it in the refrigerator and even allow you to use their glasses. But be careful, within three hours, the beer can get frozen like sherbet !

そういう事情なのですが、まったくイライラしなかったのは、たぶんアルナーチャル・プラデシュという場所が、そもそも観光客があまりくるようなところではないからだと思います。従業員がサボっているわけじゃなくて、これが普通、という感じ。むしろ、何かとっても気持ちのよいものを感じました。自分が身につけてしまった常識の垢を清めてくれるような・・。

Indeed, I felt comfortable and peaceful in those hotels.  I guess , in my life, I have too much things which may be not really necessary to me.

ホテルの従業員は州外から出稼ぎに来ている人が多かったです。地元の人は、あまりこういう仕事をしたがらないのかもしれません。ディランには小さいホテルのような「ホームステイ」がありました。次回はこういう宿に泊まって、地元のお料理を食べたり、地元の人とお話したりしたいと思いました。

There are nice home-stay or small guest houses run by a family. If I ever get a chance to visit Arunachal Pradesh, I would like to stay there having home cooking and chat with family.

染織見学に行った民家。左側にホームステイの建物(ディラン)

アルナーチャル・プラデシュ(北東インド)でSIMが使えた

アルナーチャル・プラデシュは通信事情が悪いと聞き、
検索したサイト(英語)でデリーで買ったSIMが北東インドで使えなくなったとあり、
自身の経験で、日本で購入したインド対応SIMがアッサムで使えなくなったことから
きっと国境地帯なので使えないのだろう、と思っていた。
会社によるようだが、airtelのSIM(500ルピー)をアルナーチャルに到着後に買ってみたら
カンタンにつながった。
デリーの空港で買うとアクティベートに時間がかかり、手続きも少々あるが、
町の店で買ったものは、何の手続きもなく、ただSIMフリーのスマホにSIMを入れるだけだった。
アルナーチャルもタワンまで行くと、テキストメールは大丈夫だったが
画像のダウンロードには時間がかかり、動画はアウトだった。
情報がなくて苦労したのでブログに書きました。

遊牧民の糸紡ぎ・チベット染織の旅2018 Spinning Wool, Tibet

今年も染織の旅報告書を作成しています。原稿書きは忍耐オンリーですが、じっくり思い出す作業にふたたび感動を味わっています。
標高5000m近いカローラ峠で遊牧民に糸紡ぎを見せてもらえました。
羊毛を紡ぐスピンドルは緯糸用と経糸用で違うものを使っています。
We met nomad ladies on Carola pass ( alt. of almost 5000m ) in Tibet in our tour August 2018. They were using two different types of spindles, one for warp, the other for weft.

緯糸用のスピンドル。ひっかけるところがありません

緯糸は手でゆるく紡ぎます

手を一杯に広げた長さになったら巻き取ります

経糸用スピンドル 先端にひっかけるところがついています

ブータンのルーツ、ラルン寺(チベット)Visit Ralung Monastery, an origin of Bhutan

今年の7月、8月2回続けてのチベットの旅、チベット高原の雄大さ、仏教と歴史の深さに感銘を受けました。

We had very special time in Tibet. Nature was grate, History and Buddhism were so deep. And we could fulfill our own purpose that was to visit Ralung Monastery, from where the founder of Bhutan, Shabdung Ngawang Namgyal came.

そして、私達のもうひとつの目的「ブータンのルーツ、ラルン寺に行く」も達成できました。

「ブータンのルーツって何?」と思われるかも知れませんね。

実は、ブータンという国ができたのは、17世紀。それほど古くないです。

シャブドゥン・ガワン・ナムゲルというお坊さんがチベットからやってきて諸勢力を統一して建国したのが今のブータンになりました。

偉大なシャブドゥンのミイラは、今もプナカ・ゾンに安置され、毎日食事が供されています。
ですから、プナカ・ゾンはブータンのゾンの中でもとても特別なゾンなのです。

下の地図の点線がシャブドゥンがやってきた経路です。

ドゥク(ドゥルック)派という宗派の総本山ラルン寺。
シャブドゥンはその正当な後継者でした。
しかし、もう一人後継者を名乗るライバルが現れて争いになりました。

身の危険を感じて、ヒマラヤの南へと亡命したのです。

私達は、そのラルン寺に向かいました。今は小さな寺で観光客は訪れません。ガイドも初めてと言っていました。幹線道路から外れて高原の道をたどります。標高は4700mくらい。羊がいっぱいいました。

三角形に見えるのは、真ん中に柱が1本立っていて、その先に祈祷旗を結び付けています。集落もない高原にポツンと小さなお寺が見えてきました。

入口の看板です。

ちょうどお祭りが行われていました。動画です。

ブータン人の巡礼者は来ていないかな?と探しましたが、見つかりませんでした。
最近、ブータン人の観光客にはチベット入域の許可がでないそうです。国境問題のせいかな?

チベットでは文化大革命のときにほとんどの寺院が破壊されました。今のラルン寺も再建されたばかり。まだ工事中の部屋もあります。

その寺の裏の谷を見下ろすと、昔のラルン寺の跡がありました。
シャブドゥンの頃には、きっと栄華を極めていたことでしょう。

もし後継者争いがなくて、シャブドゥンが亡命することもなかったら、ブータンという国もなかったんだなぁと思うと感慨深かったです。

 

ドライバーは組紐の先生 Mr. Driver, Braiding master (Tibet)

8月のチベットの旅は、チベットという特殊な場所がゆえに家庭訪問が許されず、染織の旅としては見られなかったものが多かったです。Though we were not able to visit local houses to see weaving in Tibet, our textile tour was very memorable one.That is all because of the sweetest guide and driver. Moreover, our driver was expert of braiding, we had braiding lesson from him.

それでも、とっても楽しかった。なぜだろう?それは、本当に本当にこんなにいいガイドさんとドライバーさんには会えない、というような人に恵まれたからだと思います。そして、何とドライバーのパンデンさんは遊牧民の出身なので、何でも自分で作れるし、組紐の名人でした。
それが分かったツアー4日目、町で毛糸を買ってホテルで組紐教室。こんな展開になるとは思っていませんでした!

組紐を教えるドライバー

パンデンさんの指の動きをみて理解しようと「白と白ね、黒と黒ね・・」と私達が言うのを聞いて、パンデンさんもその真似をして「シロトシロネ、クロトクロネ・・」意味が分かって言っているかどうかは不明ですが、発音上手です。私達の距離はぐっと近づきました。

ドライバーが作ってくれた組紐

組紐の模様によって名前が違うそうです。サンプルをいくつか作ってくれました。

ドアの組紐飾り

チベットといえば十字絞りやウールの織物のイメージでしたが、こうしてみると、実は組紐文化のところでもあるんですね。ドアには組紐の立派な飾り。このミニサイズのストラップもたくさん売っていました。

私達が大喜びするのでパンデンさんも張り切って、私達だけならきっと見落としていただろうことも、たくさん、たくさん見つけて伝えてくれました。

ヤクのヨーグルトをパリ(パン)にのせて食べる

これは楽しいピクニック。ヤクのヨーグルトの食べ方を教えてくれています。このヨーグルト、とっても濃厚、クリーミー、美味しかった!

ガイドのパチューさんとドライバーのパンデンさん

ガイドのパチューさんにお願いして民族衣装を自宅から持ってきてもらいました。民族衣装を来てくれたパチューさんとドライバーのパンデンさん。素敵です。

お別れにドライバーからカタをいただいた

最終日、空港でお別れするときに、パンデンさんが私達ひとりひとりに白いカタをかけてくださいました。ポケットマネーで買って用意してくれていたんですね。こんなの初めてです。ウルウルしてしまいました。

チベットにまた来たらドライバーを頼もうと、「名前と電話番号を書いてください」とチベット語ですらすら言えるように前の日から練習しました。ちゃんと通じましたよ!ノートに書いてもらったので、次のツアーもパンデンさんにドライバーしてもらいたいです。こんな出会いがあって、チベットが大好きになりました。

”本物のヤクのヨーグルト” チベットの旅でブータンを考える Real Yak(Ji)`s yogurt – Learning of Bhutan in Tibet

今年のチベットの旅を通じてブータンをあらためて考えなおしたのは、ブータンにとってとても大事な乳製品のこと。Milk,cheese, butter, dairy products are very important for Bhutanese people. I thought it came from Tibet in the past but I went to Tibet and found the way of using milk is totally different between Bhutan and Tibet.

ブータン人はミルクや乳製品なくしては食生活が成り立たない国で、私はずっとそのルーツはチベットから来たのだと信じ込んでいました。

けれどチベットに行くと同じように放牧しているヤク(←ヤクというのは雄だけですが、まぁ、ここでは分かりやすく・・・)のミルクを利用しているのに、その方法はまったく違っていました。

おもてなしのご馳走にも乾燥チーズ

例えばこれ、農家で振る舞っていただいたおつまみ、真っ白のもの、少し黄色い海綿状のもの、どちらも乾燥させたチーズです。

チーズを乾燥させている

これは庭先でチーズを乾燥させているところ。ちなみに、ここでは牛のミルクを使っていましたが、ヤクのミルクも同じように使います。

中央の一列、全部チーズ

町の店先には、サイズの違うチーズがこんなに豊富に売られていました。分かりますか?真ん中の列、奥のサラサラから手前のゴツゴツまで全部チーズです。粉チーズ状のものは、ツァンパと一緒に捏ねて朝食に食べます。

バターの大きさ、ハンパないです

ブータンでは料理にインド製の菜種油などを使うことが多く、バターは貴重品ですが、チベットではバターの大きな塊が売られていて、本当にバターをいっぱい消費していました。

”本物のヤクのヨーグルト”美味しい!

そして、チベットの乳製品で一番美味しかったのは「本物のヤクのヨーグルト」と嬉しそうにガイドさんが出してくれたこのヨーグルトです!牛のミルクを混ぜていない100%ヤクのヨーグルト、遊牧民から直接買ってくれました。バター分を取り除いていないので、色も濃くて味も濃厚です。ほんとうに美味しかったなぁ~~~。ブータンにもヨーグルト(チベットと同じ”ショ”といいます)はあると聞きますが、あまり作らないようです。食べたことあるかなぁ・・・記憶がありません。

ヨーグルトの食べ方

ヨーグルトをパリというパンに乗せて食べます。お手本を見せてくれているドライバーさん。ヨーグルトをいっぱい食べたいので私はパンの上に載っているヨーグルトばかり食べてしまいました。

ブータンの乳製品文化、チベット由来のものと、ヒマラヤ南部の土着文化由来のものと、実は両方混ざっているんじゃないかと感じました。チベット的と思っていたものが、すごくブータンの特徴があるものだと分かり、新鮮な興味が沸いてきました。