ブータンの食文化/food」カテゴリーアーカイブ

”本物のヤクのヨーグルト” チベットの旅でブータンを考える Real Yak(Ji)`s yogurt – Learning of Bhutan in Tibet

今年のチベットの旅を通じてブータンをあらためて考えなおしたのは、ブータンにとってとても大事な乳製品のこと。Milk,cheese, butter, dairy products are very important for Bhutanese people. I thought it came from Tibet in the past but I went to Tibet and found the way of using milk is totally different between Bhutan and Tibet.

ブータン人はミルクや乳製品なくしては食生活が成り立たない国で、私はずっとそのルーツはチベットから来たのだと信じ込んでいました。

けれどチベットに行くと同じように放牧しているヤク(←ヤクというのは雄だけですが、まぁ、ここでは分かりやすく・・・)のミルクを利用しているのに、その方法はまったく違っていました。

おもてなしのご馳走にも乾燥チーズ

例えばこれ、農家で振る舞っていただいたおつまみ、真っ白のもの、少し黄色い海綿状のもの、どちらも乾燥させたチーズです。

チーズを乾燥させている

これは庭先でチーズを乾燥させているところ。ちなみに、ここでは牛のミルクを使っていましたが、ヤクのミルクも同じように使います。

中央の一列、全部チーズ

町の店先には、サイズの違うチーズがこんなに豊富に売られていました。分かりますか?真ん中の列、奥のサラサラから手前のゴツゴツまで全部チーズです。粉チーズ状のものは、ツァンパと一緒に捏ねて朝食に食べます。

バターの大きさ、ハンパないです

ブータンでは料理にインド製の菜種油などを使うことが多く、バターは貴重品ですが、チベットではバターの大きな塊が売られていて、本当にバターをいっぱい消費していました。

”本物のヤクのヨーグルト”美味しい!

そして、チベットの乳製品で一番美味しかったのは「本物のヤクのヨーグルト」と嬉しそうにガイドさんが出してくれたこのヨーグルトです!牛のミルクを混ぜていない100%ヤクのヨーグルト、遊牧民から直接買ってくれました。バター分を取り除いていないので、色も濃くて味も濃厚です。ほんとうに美味しかったなぁ~~~。ブータンにもヨーグルト(チベットと同じ”ショ”といいます)はあると聞きますが、あまり作らないようです。食べたことあるかなぁ・・・記憶がありません。

ヨーグルトの食べ方

ヨーグルトをパリというパンに乗せて食べます。お手本を見せてくれているドライバーさん。ヨーグルトをいっぱい食べたいので私はパンの上に載っているヨーグルトばかり食べてしまいました。

ブータンの乳製品文化、チベット由来のものと、ヒマラヤ南部の土着文化由来のものと、実は両方混ざっているんじゃないかと感じました。チベット的と思っていたものが、すごくブータンの特徴があるものだと分かり、新鮮な興味が沸いてきました。

ブータンのサラダ「ホゲ」の作り方 Bhutanese salad Hogye

大きく切った野菜を入れて、ちょっとご馳走風にしたものがホゲです。ここではきゅうりをメインにしましたが、大根でもよく作ります。山椒がとても爽やかです。

 
<材料(2~3人分)>
きゅうり1本、ニラ1本、トマト半分、玉ねぎ1/4個、カッテージチーズ(サラダ用)30g、ショウガ ひとかけ、塩、粉とうがらし、粉山椒 各少々 続きを読む

ケワダツィ(じゃが芋のチーズ煮)レシピ How to cook Kewadatsi, potato & cheese

ブータン料理の「ケワダツィ」はじゃが芋(ケワ)を煮てチーズ(ダツィ)でからめた「ふだんのおかず」です。
ツアー中の食事にも唐辛子を少なくした「ケワダツィ」が必ず出されます。ブータンのじゃが芋はとっても美味しく、じゃが芋とチーズのコンビネーション、唐辛子のアクセントも絶妙です。
唐辛子の量はお好みで。風味程度に粉唐辛子少々、でもよいでしょう。
フレッシュな緑の唐辛子でももちろんOK!

野菜を唐辛子、チーズで煮るスタイルはブータン料理の基本です。
じゃが芋のかわりに、きのこ、キャベツ、ナス、なんでもOKです。

続きを読む