お知らせ/news」カテゴリーアーカイブ

ヤクランド通信第80号できました Newsletter vol.80

ヤクランド通信第80号ができました。
平山雄大さんのペマガッツェルのお話(12/24のティータイムの資料も兼ねています)、9月のラヤトレッキングの報告、ブータンの民族衣装、番外編アッサムのアルバム、ヤク仲間紹介など。ブータンの遊牧民を考えるため、ゲストの榊龍昭さんにイラン~アフガニスタンの遊牧民についてお話を伺いしました。など、思いつくまま16ページ、カラフルです!

こんな調子で隔月発行しています。

ヤクランド会報(年会費2800円)ですが、試読ご希望の方はお送りしますのでご連絡ください。

ヤクランド通信第78号ができました Yakland Newsletter vol.78 issued

ヤクランド通信はヤクランド会員の方に年に6回(偶数月の1日)にお送りしています。
今回は、ブータンでがんばる若者の就職報告、サクテンと東ブータンの下見報告、とてもいい旅になった6月のツアーの様子、今月から代々木上原のブータン料理店ガテモタブンの店長さんにもご登場いただいてます。会員の方には8月1日に発送いたしました。

会員も随時募集しています。年会費2800円ですが、途中ご入会の場合には計算しますのでお問合せください。試しに読んでみたい、という方は、お送りしますのでご連絡ください。

Yakland Newsletter is issued every alternative month, the vol. 78 was just out on August 1st. We have news and reports on  a Bhutanese youth, a tour report on Sakten, a photo album of our beautiful June tour, and the manager of Bhutanese restaurant in Tokyo introduces tasty Bhutanese cuisine and so on.

続きを読む

高地に暮らす人々の毛織物 8月3日から 岩立フォークテキスタイルミュージアム

岩立フォークテキスタイルミュージアム
第12回展 高地に暮らす人々の毛織物ー中国(イ族)、チベット、ブータン、インド北部
2017年8月3日ー11月11日

9月5日(火)に「ブータン高原の遊牧民の暮らし」という題でお話させていただくことになりました。ぜひお出かけください。

詳細は岩立フォークテキスタイルミュージアム ホームページをご覧ください。

差し上げます バンチュン製作資料 Bangchung making samples

 *修了しました。

バンチュン、どうやってあの丸みを作のだろう?と疑問に思い、2012年にシェムガンのジョカ村に行きました。そのときに持ち帰った資料2点、どなたか引き取っていただけませんか?在庫確認のメールをください。その後、お送りしますので、到着後、送料分のみお振込ください。

I would be happy if anyone receive this samples of bangchung production with free of charge. Please contact to me.

後ろ側から見たところ

私が行ったときは、まだ道路ができていなくて片道3日間の道のりを強行軍で2日で歩いて行きました。今はパンバンから道路が開通しています。ダショー西岡の活躍したシェムガンとバンチュン作り、マナス国立公園の野生動物巡りのようなツアー、興味のある方がおられましたら、そんなツアーも作りたいです。I went to Bjokha village in 2012 by walking for three days duration in two days to see how to make bangchung. It was so much fun to enjoy local new year with village people. I would like to organize a special tour to Bjokha ( now we can drive ) and Manas, Panbang if I ever have a chance.

ジョカで撮影した写真です。 Pictures I took in Bjokha village in 2012.

バンチュンに使う竹

色なし(内側)と色つき(外側)のシートを2枚編んで重ねる

水で濡らして柔らかくして作業する

赤く染めた”籐”でふちを綺麗にかがる