投稿者「admin」のアーカイブ

腰機を学べる教室 Classes to learn the back-strap weaving

ブータンの織り名人ジャンベさんをもう一度日本に招聘したいと思っています。
でも、せっかくの名人技も、ただ見るだけでは何をしているかほとんど分からずもったいない。
腰機を少しでもやったことがあるとその凄さがよく分かります。
腰機で平織りができれば、さらにブータンの片面縫取織りの練習もできます。
「腰機をやってみたい。どこでできるの?」という方のための情報を集めようと思いました。

このページに腰機を学べる教室(ブータンに限らず)の情報を掲載していき、2019年末に作成する「染織の旅報告書」にも印刷します。全国の腰機教室情報をお寄せください!

腰機を学べる教室紹介

手織工房SOX(東京・吉祥寺)
URL : http://www.teorikoubousox.biz/
メール kuroneko-sox @teorikoubousox.biz  tel  080-2093-6496(工藤)

基本的な織りから様々な技法まで、各自のペースで希望に合わせて1日のフリーレッスンから納得いくまで学べます。ブータンの織りも学べます。機・道具貸し出し・販売も行っています。



グァテマラ・マヤ織り研究会(東京・青山、府中)
Facebook :グァテマラ・マヤ織り研究会
青山教室 佃 由紀子  tel : 090-2215-9906
府中教室 (STUDIO TESSILE内) 中村靖子 メール tessile@jcom.home.ne.jp

マヤ民族に伝わる後帯機による織りを現地で習得し、様々な織りの技法や文様を研究、伝承しています。教室ではウイピル(貫頭衣)を織ることを目標に、また片面縫取織技法を使ったコースターを織る体験レッスンも随時募集中です。


PrimitiveTextile*Koyun(プリミティブテキスタイル*コユン)(東京・表参道)
Instagram:primitivetextile_koyun
メール koyuntextile@gmail.com  tel  090-2215-9906

アンデスの染織技法を研究・伝承しています。腰機の原型のような紐織りはシンプルかつ難解で魅力的です。ペルーで習得した丸紐状の織物ニャーウィアワパ、4連糸綜絖によるビーズ付き織紐などをメインにワークショップを開催しています。



染織工房 野の絢(東京・調布)
教室:http://inoori.jp/nonoaya/class_workshop/
体験:http://inoori.jp/nonoaya/jibata_ws/
メール:nonoaya@inoori.jp  tel:070-4032-7274(大久保)

本場結城紬と同じ地機(いざり機)を使用します。
ご希望の布が織り上がるまで継続して通う教室(チケット制)と単発3時間のみの体験ワークショップがございます。


NHK文化センター (大阪・梅田)
https://www.nhk-cul.co.jp/school/umeda/
棒機の手織り~腰機・原始機で織ろう~ 講師 棒機手織り作家  岸川美和子


「草木染・織教室 」(大阪・池田市緑のセンター主催)
池田市の五月山動物園にいる羊の毛刈りからスタートし、洗毛・草木染・スピンドルによる糸紡ぎ・棒機を手作りし、メイドイン池田のマフラーとストールを織る。
4月から7月は10時〜2時、8月から10月は10時〜2時の全20回。毎週水曜日
問い合わせ 池田市都市緑化植物園 緑のセンター
電話0727-52-7082
毎年、二月頃の池田市広報誌及び五月山動物園、緑のセンターで募集。
池田市民優先になりますが市外の方もお申し込みいただけます。


 

ブータンの歌と踊り 来年はオリジナルプログラム

毎年6月恒例の、ブータン「染織・暮らし・青いケシ」の旅に行ってきました。
今年も素晴らしいメンバーで最高に楽しい旅となりました。

初めてブータンに行く方のために、来年も同じツアーを企画中です。
1つだけ、「よし!変えよう!」と思ったことは
最終日に見せてもらう、ブータン伝統の歌と踊りのショーです。

いくつかある舞踊団の中で、クオリティーの高いプンツォ・ルヤンに
ホテルに来てもらって貸し切りで演じてもらっています。
みなさん、とても楽しんでくださるのですが
私はいつも心の中で葛藤を感じていました。

ブータンマニアは別として多くの方にとっては
わかりやすくていいのですが
楽器の種類も少ないし、遊牧民の歌のときの衣装は
ホンモノとはかなり違います。
でも、ホンモノを用意するのは無理だし、
ホンモノは華やかな舞台衣装には適していないので
それは仕方がないことです。

余計なことは言ってはイケナイと自戒していましたが
一生懸命楽しまれている旅のメンバーの皆さんを見て
これでいいんだろうか・・・・・と再び悩んでしまいました。

それはそれとして、文句言わずに、私たちのツアーだけオリジナルプログラムでやってもらおう!
まず、楽器はブータンのすべての楽器を用意してもらい、少しずつ演奏、音色や演奏の方法を見せてもらいます。

歌は、ノリのいいものだけでなく、ブータンの古典である「シュンダ」(ゆっくりしたメロディー)と、「ベダ」(チベットの影響を受けたテンポのよいメロディー)を披露。女性が複数で歌うシュンダは倍音が出てゾクゾクします。

仮面舞踊は、お面のどこにのぞき穴があるか、とか、そんなポイントも面白いでしょう。
とにかくあの跳躍力は素晴らしい。

そして、最後に一緒に踊るお祈りの踊りは、最近はやりの簡単なものではなくて
外国人には難しいだろうとはずされてしまった???昔の「タシレベ」をやってもらいたい。
一人がリードで歌って、全員がハモるところ、すごく厳かです。

来年は「織物・暮らし・青いケシ+音楽」の旅です!

 

ブータンのシャクナゲ 2008年GWの写真から Rhododendrons of Bhutan

写真を整理しています。2008年にはブータンの西から東へ走る旅、シャクナゲの当たり年でたくさんのシャクナゲを見ることができました。その一部の写真です。

ブータンを東西に分けるペレラ峠(3360m)の付近はシャクナゲの多いスポットです。
ブータン固有種のRhododendron kesangiaeも見られます。ピンク色の大きな花がとても華やかです。


R.hodgsonii もピンク色の大きな花ですが、幹を見るとツルツルしているので見分けがつきます。

深い赤い色のR.thomsonii はフォブジカ谷の入り口に群生していて、蜜を吸いに来たタイヨウチョウが見え隠れしていました。

R. cilliatum は咲いている場所が限られています。フォブジカ谷の小学校の近くに咲いています。

R.falconeri も巨木、白いおおきな花、ゴワゴワとした感じの葉、存在感のあるシャクナゲです。

トンサのゲストハウスの庭に、香りの良いR.edgeworthii が植えられていました。

こちらも香りがよく、ふんわりと優雅に揺れるシャクナゲ R.griffithianum

ブムタンからさらに東に行くとトゥムシンラ峠(3740m)があります。シャクナゲの保護区になっているだけあって、珍しいシャクナゲが見られました。

峠の一番高いところに大木ではないけれど、クリーム色の豊かな花を咲かせていたシャクナゲはR. wightii でしょうか?


こちらも峠の頂上付近に咲き始めていたもの。ふわふわの毛に覆われていたので、 R. lanatum だと思いましたが、どうでしょう?

同じものを裏側から見たところ。鉄さびのような色ですが、柔らかい獣毛です。

これはお手上げ。雑種?それとも名のある方でしょうか?

峠のやや手前に、いかにもシャクナゲという感じの赤い花がたくさん咲いていました。でも、花柄も葉柄もとっても短くてちょっと窮屈そう。寸詰まりの R.succothii

ベルのような形のR.cinnabarinum ブータンではあちこちで群生している種類です。オレンジ色のものも多いです。

これもよくわかりませんでしたが・・消去法でいくと R.tsariense かな?ブムタンに近いところです。

矮小化していて毛に覆われていて、R.pendulum のように見えるけど、自信ありません。

R.keysii たぶん最初に覚えたシャクナゲ。細い上品な筒型の花    

ペレラ峠を越えたあたりからずっと3000m前後の道路脇に咲いていた、控えめでかわいらしいR. virgatum


トゥムシンラ峠を越えてからも違う種類のシャクナゲが見られました。
まだまだわからずにそのままのものもあるので、もう一度ブータンのシャクナゲをしっかり見に行きたいな、と思っています。

旅の話 アルナーチャル、ウェアラブル・チェア Arunachal Brokpa’s wearable chair

4月のアルナーチャル・プラデシュ州の旅では、ディランから日帰りでブータンに近いブロクパ族の村を訪ねました。
国境を挟んでブロクパたちはブータンにもアルナーチャルにも住んでいたんですね!
一軒の家を訪ね、いろいろな生活道具を見せてもらいましたが、鈎のついた小さい椅子が印象的でした。 We visited a Brokpa’s village in Arunachal Pradesh which located close to Bhutan border.  I liked their small  wooden chair with a hook.

ヤクの乳搾りをするときに使う椅子なのだそうです。
鈎を服のベルトにひっかけて椅子を吊すと両手が空きます。
Hang the chair on the back so both hands are free. It is convenient for milking yak.

そのままちょうど良い具合に座れます。仕事が終わったら立ち上がって両手でミルクの入った桶を持っていけますね。よくできていて安定もよいです。

この家を訪ねました。冬の集落です。もうほとんどの家はヤクを連れて放牧に出ていました。
The house we visited.

村には数頭のヤクがいました。きっと放牧地にはいっぱいいるんだろうなぁ。
でもまだ草はそんなに大きくないので、ヤクたちはお腹いっぱいには食べていないかも知れません。夏の牧草地で、この椅子を使って乳搾りをするのをいつか見に行きたいと思いました。

旅の話 アルナーチャル、帽子いろいろ Hats in AP

ブータンの東隣りのアルナーチャル・プラデシュ州の旅、帽子を見るのが楽しみでした。 One of my aims of the tour was to see hats in Arunachal Pradesh.

アルナーチャル・プラデシュのモンパたちは、民族衣装も帽子もあまり着用しなくなっていましたが、それでもタワンの近くではヤクのフェルトの帽子を被っている人をときどき見かけました。ブータンのブロクパ族と比べると、小さくて平たくて後頭部にぴったりくっつきます。そして5本の尻尾は前のほうに長く突き出すように被っています。

ちなみに、こちらはブータンのブロクパと一緒に撮った写真。私も帽子を借りて被ってみました。てっぺんが大きくて広くて、立体的になっていて、アルナーチャルのものとはちょっと違います。

別の村(ディランの少し北のテンバン村)では、こんな大きくて尻尾の短い帽子も見かけました。

被るとこんな感じです。

また、ディランの西の村(ブータンと近いところで、ブータンと同じブロクパ族の村)の帽子は、大きくて頭がすっぽり入るカタチでした。暖かそうですね。

こちらもヤクフェルトをベースにしたお洒落な帽子です。
タワンからずっと北に行った、チベットに近い村です。

女性の帽子はこちら。クジャクの羽がとってもおしゃれ。
こんな帽子を被って畑仕事をしていたんです!
 

旅の話 ディラン・モンパのカラフルなパンデン Dirang Monpa`s colorful Pandeng

北東インド・アルナーチャル・プラデシュ州の旅の目的のひとつは
ブータンのサクテンやメラに住むブロクパ族と呼ばれる人たちと
同じ民族衣装を着ている人たちに会うことだった。
Not many Monpas in Arunachal Pradesh wear their traditional dress daily in these days except elders. We were lucky to be there on the local festival day when many ladies gathered at the monastery in their colorful dress.

ディランではもう日常的に民族衣装を着る人はとても少なくなったというが
とても幸運なことに、私たちが滞在した日は村祭りだった。

大人から子供まで重い経典を背中に担ぎ、行列を作って村々を歩く。
綺麗な民族衣装を着ている女性たちもたくさんいた。

話に聞いていたとおり、ブータンのサクテンの人たちと同じだ!
でも、ちょっと違う。
一番目立ったのは、腰当ての布。
赤や黒の無地もあるけれど、圧倒的にカラフルな縞模様が多い。
チベットのエンプロン(パンデン)をそのまま後ろに着けたような感じ。
そしてまさに「パンデン」と呼ぶそうだ。

どんなきっかけで流行ったのだろう。
民族衣装のパーツは、ときどき、ぽろっと外からのものを取り入れてしまうのだなぁ・・。

チベットからパンデンが入ってきているとは思えないし・・・と不思議に思っていたら
町の織物工房で織りかけのパンデンを見せてくれた。
機そのものは分解して(?)見せられないと言われたが
チベットの機と同じものを使っているらしい。
ディランで織っていたんだ・・。

ちなみに、こちらはチベットで撮影した写真。
ガイドのパチュさんがチベット服を着てくれました。
チベットの空気の中で見るカラフルな縞模様は本当に綺麗なのです!

そしてこちらはブータンのサクテンの人たち。
腰当ての色はみんな黒です。メケムと呼びます。
同じ衣装だけど、やっぱり違う。両方の人たちと会えて実感できました。

アカネを植えてみた Japanese madder plant

ブータンのアカネは根っこじゃなくてツル全部から色素がでます、とか、そういう話をいろんなところでしているけれど、日本のアカネをちゃんと見たことがない私。これはマズイでしょう!!
I have chances to talk about Bhutanese madder , plant and dye, but I don’t know Japanese madder. I must know it !!  It is there growing wild near my house.  I planted wild madder in my garden.

山に住んでいるので、アカネは雑草。草刈りのボランティアのおじさんがくる前に、アカネをもらいに行きました。

こんなところに住んでいま~す。道ばたにアカネが生えていました。

雨上がりで土も軟らかいはず・・と思いきや、なかなか大変。根っこはたしかに赤みがありました。

畑に植えてみたけれど、増えるかな。。。。元気に育ってね。
いっぱい増えたら染色ワークショップできるかな!!?

旅の話-アルナーチャルの蕎麦と納豆 Buckwheat noodle and fermented soybeans in Arunachal Pradesh

アルナーチャル・プラデシュの旅のお話です。
ブータンのすぐ東隣のアルナーチャルでは、蕎麦と納豆をぜひ見たい、食べたいと思っていました。 One of my interests in Arnachal Pradesh was to see and eat the buckwheat noodle and fermented soybeans.  We could try it at local house in Temban village and surprisingly it was very similar to the buckwheat noodle in Bumthang, Bhutan.

ガイドを通じて地元の人に聞きまわっていたときに、水野一晴先生の「神秘の大地、アルナチャル」(昭和堂)の該当ページのコピーを見せて、現地語で伝えられたのが役にたちました。

ず~っと言い続けて、やっと旅の最後のほうで、ユネスコ世界文化遺産の暫定リストに登録されているというテンバン村の民家(ホームステイの経営をしている家)で、念願の「納豆入りチリソースをかけた蕎麦」を食べさせてもらいました。

私たちがごちそうになったのは、手で作った太い麺です。
ふつうはこのような道具を使って作るそうです。
ブータンのブムタンの「プッタ・シン」(プッタ=麺にした蕎麦、シン=木または木で作った道具)にそっくりです!!
ちなみに、テンバン村では「チル・シン」(チル=押し出す)と言うそうです。
麺にした蕎麦のことは、プタンというので、言葉までブータンと同じです!

蕎麦作り道具 ブータンとそっくり

こうして押し出して蕎麦を麺にする、という説明

蕎麦作り道具を上から見たところ

粉唐辛子を溶いたソースには、かすかに納豆の匂いがしますが、言われないとわからないくらい。臭くはなかったです。
こちらがその納豆。まだ発酵がそれほど進んでいない状態のものに塩や香辛料を加えて潰したもののようです。薄く切って食べたらおいしかった。軽く炙って食べたらビールに合いそう。

納豆

その後、ボムディラの町の市場で、野球ボールくらいの球状の納豆を見ました。横山智先生の「納豆の起源」(NHK BOOKS)で、息子さんに写真を見せたら「象のウンコ」と表現した、という話はこのことでしょう。ビニールの外側からそっと触ると柔らかかったです。

市場で見た納豆(丸い玉)

蕎麦と納豆、そしてチーズ(チーズの話はまた後ほど・・・)。ブータンとのつながりを実感した旅でした。

 

ブータンの織り、練習中~やってみたら難しい!! Weaving challange

ータンの織りはもう何年も見ているのですが
自分にはできない、と思っていたんです。
でも、去年の3月の旅でゲンパカップ村に行ったときに
小学2年生の織った布を見て、心を入れ替えて、難しく考えずに織ってみよう!と思ったわけです。

After seeing a textile woven by class 2 girl in the remote village in Bhutan, I decided to practice Bhutanese weaving by myself. Now I picked up a ” small and simple motif ” for my lesson but as I start weaving, I realized this motif requires a bit hard technique .

>>>東ブータンの旅のアルバム

名人のジャンベさんに途中まで織ってもらいました(上の写真)
続きを織るのが私の宿題です。
練習用の機で一番左側の「簡単そう」な模様を織ってみることにしました。

ところが、簡単そうに見えて、実はちょっと難易度の高い技が必要、と、後から気がつきました。

2本1組になっている経糸をすくって模様糸を入れていきます。
これは慣れればできる。

2本1組の経糸をすくって模様糸を入れ込む(通常のケース)

ところが、この方法、まっすぐ上にはいかないんです。
2本1組が、交互にずれているので。
で、どうするか、というと、2本と2本の間に隠れている糸を
下から無理矢理すくいあげるのです!

2本1組の糸がないときには(真上直線を描くとき)下に落ちている1本をすくってくる。

下に落ちている糸は見えにくいし、模様糸を入れるのもちょっと大変。
ふうふう言いながら、2日間で8つ同じ模様を織りました。
まだ慣れたとは言えないなぁ。

2日間かけて8個同じ模様を織りました

織りながら思ったことは、2年か3年後にジャンベさんに来日してもらうこと。
それまでに、それを目標に、たくさんの人に呼びかけてブータンの織りを練習して
ジャンベさんに1日特別レッスンしてもらうこと。
少しできるようになると、ブータン人の技のすごさがわかるから
きっとすごく感動すると思う。
そんなことが実現できないかなぁ・・・。

旅の話-アルナーチャルのホテル、きれいさっぱり(?)Hotels in Arnachal Pradesh

4月のアルナーチャル・プラデシュの旅のホテル事情について書いておこうと思います。

行く前に、現地の旅行手配会社に「タオルはあるか?」「シャワーはあるか?」など問い合わせたところ、タオルがあるという保証はできない、シャワーがない部屋にはバケツにお湯を供給する、と言われていたので、覚悟していった。
そう、必要なのはホテルの設備ではなく、心構えです!ですから、毎日とても快適でした(^_^)

We were advised by the local tour company that hotels in Arnachal Pradesh may not have towels, hot shower in the rooms so we must be ready to face inconvenience. We were fully equipped beforehand, everything was fine !

旅行した地域

私たちがアルナーチャル・プラデシュ州の中で泊まったのは、タワン、ディラン、ボムディラの3カ所。多かれ少なかれ同じようなホテルでした。まとめると、

In Tawang, Dirang, Bomdila, hotels are more or less same. No Wi-Fi, often black out, no boiler and tea, no lift to 5th floor, no morning call service etc….  but so happy to have hot water in a bucket every day.

1)Wi-Fiはない
2)バスタブやない。シャワーのお湯はでた!!(すご~い!)。部屋によっては、シャワーはついていなかったが、バケツ1杯は十分にお湯がでた。
3)バスタオルはあった。フェイスタオルはない。もちろんドライヤーはない。
4)ときどき停電する。
5)湯沸かしポットやコーヒー・紅茶セットは、ほとんどついていない。
6)同じホテルでも部屋の差が大きい。くじ引き、じゃんけんで決めよう!
7)エレベーターはなく、部屋は5階くらいまである。
8)荷物は部屋まで運んでくれるけど、従業員が少ないのでガイドも運んでくれた。
9)モーニングコールは頼むだけムダなので自分で起きる。
10)食事はインド料理(あまり本格的ではないけれど)

ボムディラのホテル。左上にギザ(湯沸かし器)。シャワーで床が濡れるのでゴム草履必携

ボムディラのホテル

そして、覚えておかなくてはいけないのは、基本的にお酒類はレストランにおいていない。アルナーチャル(少なくとも私たちが行ったあたりでは)、ビールは自分でお店で買ってくる、と心得たほうがよい。親切なので、冷蔵庫に入れておいてくれるし、グラスも使わせてくれる。一度など、たった3時間くらいのうちにビールがシャーベット状に凍ってしまった。凍ったビールの栓を抜くと、泡がうまく抜けないのでシャーベット状態でニョロニョロって盛り上がってくる!大笑いでした。
If you want to drink beer, you must buy it by yourself from the market. They are kind enough to keep it in the refrigerator and even allow you to use their glasses. But be careful, within three hours, the beer can get frozen like sherbet !

そういう事情なのですが、まったくイライラしなかったのは、たぶんアルナーチャル・プラデシュという場所が、そもそも観光客があまりくるようなところではないからだと思います。従業員がサボっているわけじゃなくて、これが普通、という感じ。むしろ、何かとっても気持ちのよいものを感じました。自分が身につけてしまった常識の垢を清めてくれるような・・。

Indeed, I felt comfortable and peaceful in those hotels.  I guess , in my life, I have too much things which may be not really necessary to me.

ホテルの従業員は州外から出稼ぎに来ている人が多かったです。地元の人は、あまりこういう仕事をしたがらないのかもしれません。ディランには小さいホテルのような「ホームステイ」がありました。次回はこういう宿に泊まって、地元のお料理を食べたり、地元の人とお話したりしたいと思いました。

There are nice home-stay or small guest houses run by a family. If I ever get a chance to visit Arunachal Pradesh, I would like to stay there having home cooking and chat with family.

染織見学に行った民家。左側にホームステイの建物(ディラン)