投稿者「admin」のアーカイブ

アルナーチャル・プラデシュ(北東インド)でSIMが使えた

アルナーチャル・プラデシュは通信事情が悪いと聞き、
検索したサイト(英語)でデリーで買ったSIMが北東インドで使えなくなったとあり、
自身の経験で、日本で購入したインド対応SIMがアッサムで使えなくなったことから
きっと国境地帯なので使えないのだろう、と思っていた。
会社によるようだが、airtelのSIM(500ルピー)をアルナーチャルに到着後に買ってみたら
カンタンにつながった。
デリーの空港で買うとアクティベートに時間がかかり、手続きも少々あるが、
町の店で買ったものは、何の手続きもなく、ただSIMフリーのスマホにSIMを入れるだけだった。
アルナーチャルもタワンまで行くと、テキストメールは大丈夫だったが
画像のダウンロードには時間がかかり、動画はアウトだった。
情報がなくて苦労したのでブログに書きました。

ブータンの蕎麦、乾麺を料理してみました Bhutanese buckwheat noodle

ブータンのブムタン地方の郷土料理、プッタ(蕎麦)の乾麺があると聞き、3月の旅でさっそく購入してきました。
Bhutanese buckwheat noodle “Puta”  is now available in a convenient packet.  Cooked like with some scrambled egg, green leek,  chilli, pepper, and salt like Bhutanese traditional way, it was pretty good and tasty.
蕎麦なんて米がとれない地方の食べ物だと言われていたのに、健康ブームで脚光を浴びるのは日本と同じですね。

パッケージもいい感じ。裏側にはレシピもちゃんと書いてあります。

作り方が丁寧に書いてあります。ゆで時間はもう少し長い方がいいみた。私は7分茹でました。

茹でて水にさらしてから、それを好みの野菜やスクランブルエッグ、調味料で味をつける「焼きそば」です。レシピにはゆで時間は約2分とありますが、少しずつ食べてみながら時間を計ったら7分かかりました。

私はブムタンっぽく、シンプルにニラと卵、味付けは塩、山椒、トウガラシ粉でやってみました。ニラがよく合います。トウガラシはほどほどに。山椒をしっかり効かせて。

ニラ、山椒を入れるのが私のお気に入り

日本風につゆでも食べてみましたが、悪くないけど、ちょっと合わないなぁ。

クセがなく、しっかりした麺なので、いろんな食べ方ができると思います。
でもニラはやっぱりオススメですよ!

次回ティータイム(6/29)は「ブータンの土の家」

ティータイムでブータンの建築についてお話してくださる方をずっと探していましたが、このたび素晴らしいご縁をいただきブータンの民家の調査をされた佐藤桂さん(文化財保存計画協会特任研究員)に講演していただけることになりました。
↓↓
http://yakland.jp/?page_id=2285

打合せで佐藤さんと初めてお会いし、ブータンの家の造り方、とくに「版築」という土を突き固めて壁を造るお話をお聞きしながら、補強するための知恵、古い家と今の家を比べると突き固める度合いが違うこと、その理由など、とても興味深く夢中になってしまいました。
土を突き固めるのは女性たち、と言われると、なるほど今まで撮った写真はみんな女性が働いています。女性たちが壁を造りながら歌っている動画も見せてくださるそうです。
建築の知識がなくても「なるほど~」と感動ポイント満載の佐藤さんのお話、ぜひぜひ沢山の方にお聞きいただきたいです。

前座では久保がブータン各地で撮影した家に関係する写真をご用意します。専門家の佐藤さんと一緒に全員で意見や感想を出し合えたら何か面白い発見があるかも知れない、とワクワクしています。
ヤクランドの旅では田舎に行ってふつうの家を訪問する機会が多いのですが、もし少しだけ「家を見る目」があったら、きっとブータンの旅がずっと豊かになるだろうな、と思っています。それに、ブータンの家のことに興味をもつことで、今まで意識していなかった私達の日本の家の素晴らしさに気づくことができたら、どんなに楽しいでしょう。

席に限りがありますのでどうぞお早めにお申込ください。

お気に入りロベサ・ホテル My favorite Lobesa Hotel Bhutan

3月の旅でロベサ(プナカの近く)で泊まったホテル、今のブータンにこんないいホテルがあったんだぁ、と感動しました。今までに何度か泊まったことのあるホテルですが、眺めが見えない部屋だったから印象が違ったのかも知れません。
It was wonderful two days stay at Lobesa hotel, feeling full of warm hospitality and true traditional culture.

リセプション。このホテルには、近くの農家から集められた民具などが豊富に飾られています。外国人向けの装飾ではなく、地味な生活用品など本物の民具ばかり。博物館の中にいるようです。


スタッフの女の子たちは本当に働き者です。サービスがとてもよく笑顔で気持ちよく接してくれました。今時珍しいフルキラをキチンと着ていて、清楚で美しいです。
後ろの布やアティークな仏画も気になりますね!
松ぼっくりの飾り。竹ワッパとのコンビネーション。トイレも美術館。
入口付近にも古い道具が。これは「くけ台」です。
民具ファンにはたまらないものがいっぱい!   
今回は別館の部屋に泊めてもらいました。プナカの田んぼの眺めが素晴らしい。
早朝の写真。目の前に大きなデイゴの木があり、花が咲いています。
デイゴの花の蜜を吸いに、たくさんのシリアカヒヨドリが集まっていました。
日本のヒヨドリほどうるさくなく、いいモーニングコールです。
お尻、真っ赤かです!
本館の外観   
木の部屋。落ち着きます。
シャワーのお湯も出ました。Wi-Fi-のパスワード。make a wish いいですね

ドアのノブが壊れていて、ドアの木が季節によって膨張するから難しいとか。
そういうところはブータンなのでちょっとありますが、温かい素朴なおもてなしがとても嬉しく、またぜひ泊まりたいホテルになりました。

ゼムの葉とボケの実は媒染剤?

ブータンの染色の特徴のひとつははゼム(ハイノキ科ハイノキ属の植物)の葉とボケの実(カリンくらい大きい。酸味が強い)を使うことです。

ゼムの葉はアルミを多く含み、ミョウバンを使った媒染と同じ役割をしていると考えられている一方、本当にアルミ分が溶けだしているのか疑問、という声もあります。葉に化合物として蓄積されているアルミが湯で煮ただけでアルミイオンにはならないだろう、ということです。

一方、酸っぱいボケの実を入れることについて、染色に詳しい方たちは「赤い色味を鮮やかにするため」といいますが、ブータン人は、酸っぱい実は色を糸にぎゅっと押し込んでくれるのだ、といいます。やっぱりブータン人のいうことには意味があるんじゃないでしょうか?

さて、まったく素人考えで笑われるかも知れませんが、いろんな人にあれこれ聞いて、こんなストーリーを考えてみました。

まず、ゼムの葉を煮ることでアルミは化合物のままの状態で葉から出てきて、糸に付着する。
酸を加えた染液にその糸を入れて煮ると、アルミの化合物はいままでペアになっていた物質を手放して色素と結合する。
もしこれが成り立つとしたら、ゼムの葉は酸っぱい実の力を借りてアルミ媒染の働きを果たしているということになるのではないかな?と思うのです。
それを科学的に証明できないでしょうか!

<ブータンのラック染めの例>

左:ゼム(Simplocos sp.)  寒冷なブムタン地方のもの。温暖な地方では常緑樹のゼムがあり、手に入ればそちらのほうが良く染まるという。

右:ゼムの葉を湯で煮出した中に糸(ウール)を入れて少し煮てから自然に冷ましたもの。糸は黄色くなる。

左:染色の大事な脇役のボケの実。大きくて酸味が強い。生でも乾燥させてもよい。

右:乾燥したボケの実を水につけている。水が酸っぱくなる。

左:ラック(ラックカイガラムシの分泌物。臙脂色の染料)にお湯をさしてかき混ぜるとお湯が赤くなる。これを漉して染液をとる。

右:ラックの染液にボケの実の酸っぱい液を加えている。

左:ラック染液にゼムであらかじめ煮た糸を入れてさらに加熱して染める。
右:染めあがった糸。

「野の花づくし」植物写真家 木原浩さんの世界

木原浩さんの 季節の植物図鑑 [春・夏編]「野の花づくし」(平凡社)が出版されました。
木原さんが40年にわたって撮影されてきた写真から選りすぐったという花たちは、
タンポポや蕗の薹などの身近なものから、見たことも聞いたこともないような植物まで。
どれもその植物たちが生きている環境も感じられる木原さんならではの写真。
1ページごとに、自分がその場所に行ってその植物を見ているような気持になってしまいます。
プロだから、そこには、技術も計算も全部あるはずなのにそういったものを一切感じさせない超普通さ。木原さんは一升瓶を抱えて笑っている羅漢様のようだなぁ・・。

「野の花づくし」写真:文=木原浩 平凡社 3,000円(税別)

 

5/17(金)・5/18(土)ブータン・ティータイム in 大阪

ブータンの染めや織り、そこに暮らす人や自然、食べ物など、旅の写真とお話の会を開きます。織りの実演と染織品の展示もいたします。ご参加お待ちしております。

2019年5月17日(金)・18日(土)
10:30~17:00 (下記時間以外は自由に展示をご覧いただけます)

午前の会 11:00~13:00 
「東ブータンの織物産地」~“王家のために布を織る”ゲンパカップ村、綿栽培のトンサ村、野蚕織物のラディ地方~

午後の会:14:30~16:30
「ブータン山岳遊牧民族」~ヤクのフェルト帽子のブロクパ族、竹の帽子のラヤ族~

*1日目、2日目とも同じ内容です。
*各30分前から受付

定 員:15名様(先着順)

会 費:1500円 ブータンのハーブティー、お楽しみスイーツ付

場 所:Gallery & Space SIO 大阪市中央区南船場1丁目3-26

お申込:ヤクランドへお申込ください(①ご参加者全員のお名前、②ご連絡先 ③ご希望の日にち・午前か午後か)④特にご興味をお持ちの内容(もしあれば)

★3/16~3/23、4/13~4/22は海外出張中のためお返事が遅れますがご了承ください。
★お申込後にキャンセルされるときは必ずご連絡ください。

 

チベットの青いケシと世界遺産 ポタラ宮殿を見に行きませんか?

今年(2019年)の夏、チベットの青いケシを見に行きたいというリクエストをいただきました。
ちょうど私も去年の夏のチベットの旅で見た、青いケシ(メコノプシス・ラサエンシス)の清らかな空のような青い色に魅せられて、チベットの青いケシや花をゆっくり楽しむ旅をしたいなぁと思っていたところでした。

ガイドのハンさんによれば、時期的に終わっている可能性のある花も含めると8種類の青いケシが見られる可能性があるそうです。カンタンに見られる青いケシもあるし、中にはハンさん自身が見つけた貴重種もあり、今年も咲いていてくれたらラッキーですね。青いケシを語り出したら止まらないほど青いケシが好きなハンさんがガイドです。乞ご期待!

ところで、チベットというと、なんとなく怖いと思っている方がいらっしゃいますが、観光旅行はとても安全で快適です。高山病にならないために、今年の旅は有名なラサではなく、青いケシの咲く東チベットの林芝(3000m)から入ることにしました。

青いケシを見て短い日程で帰ることも考えましたが、悩んだ末、やっぱりチベットに行くからにはラサにも行き、世界遺産ポタラ宮殿も日程に入れました。チベット仏教の聖地中の聖地ジョカン寺もご案内します。とにかく圧倒的な仏教の歴史を感じられると思います。

この旅は少人数でも必ず行きたい、と私自身とても楽しみにしています。
私達はいつもゆったりスローな仲間なので、体力がちょっと心配、くらいな方でもちょうどよいかも知れません。一緒に行きませんか?ご連絡お待ちしています。
旅の詳細 ↓↓
http://yakland.jp/?page_id=2297

メコノプシス・プライニアナ

ヤナギラン

ポタラ宮殿

ブータン・ペマガツェルの綛上げ動画

染織情報α(2018年12月号)に -「綿織物」とペマガツェル県トンサ村 ‐ の記事を書かせていただきました。

その記事の中の「綛上げ」の写真を理解しようと、自分で模型を作って考えてくださった方とお会いしました。

こんなにじっくり読んでくださる方がいらっしゃったとは、びっくり。嬉しかったです。

質問してくださったMさんのために、動画をアップいたしました。